My Favorite

タイトル通り、私の大好きなゲームを紹介したいと思います。
先に断っておきますがこのページは長いですw
出来ることならばじっくり読んでもらえたら嬉しいです。
そして、興味をそそられたならば、ぜひやってみて下さい。ストーリー重視でゲームを選ぶ人ならば後悔はしないと思います。

学生時代からゲームが好きでよくやっていました。
中でもRPGが好きで、代表的なRPGの古くはファミコンからPS2までのドラクエやFFやロマンシングサガはほぼすべてやりました。

そんな私が、高校生の頃に出会った、メタルギアソリッド。
これはメチャクチャハマりました。
ちなみに私はミリオタでもないし、戦争物のゲームは好きではありません。
映画やアニメも戦い物は好きですが、リアルな戦争物は避けます。

どうも、戦車や大砲、空爆なんかの現実味のあるような方法で、
バンバン人が吹き飛ぶような描写が嫌なんですよね・・・。
理屈ではなく感覚的なものなんですが。


メタルギアソリッド レガシーコレクション – PS3

メタルギアソリッド

あらすじ
アラスカ半島・アリューシャン列島・フォックス諸島沖の孤島、シャドー・モセス島において、ハイテク特殊部隊「FOXHOUND」とその傘下の次世代特殊部隊が突如として蜂起、同島の核兵器廃棄所を占拠した。彼等は「ビッグ・ボスの息子達」を名乗り、米政府に対して10億ドルとビッグ・ボスの遺体の引き渡しを要求。それが24時間以内に受け入れられない場合、シャドー・モセスにある核兵器を発射すると通告した。
政府は、元FOXHOUND司令官であり、元大佐でもあったロイ・キャンベルをこの鎮圧作戦の司令官として招集。それに従い、キャンベルは元FOXHOUND隊員であるソリッド・スネークを呼び戻した。スネークに依頼された任務は2つ。核兵器廃棄所に単身潜入し、人質として囚われたDARPA(国防省付属機関先進研究局)局長のドナルド・アンダーソンとアームズ・テック社社長のケネス・ベイカーの2名を救出すること。そして、テロリストの核発射能力の有無を調査し、事実ならばそれを阻止し、テロリストの武装解除をすること。伝えられた任務内容にきな臭いものを感じつつも、スネークは渋々任務を承諾する。アラスカ上空には強烈なブリザードが吹き荒れているため、パラシュートでの降下は不可能。オハイオ級原子力潜水艦で廃棄所付近まで接近した後、小型潜水艇を射出。島に最接近した所で潜水艇を破棄、後は泳ぎで島に上陸し、単独でのスニーキング・ミッション(潜入任務)を開始する。

引用 wikipedia

ファミコン版の方はやったことがなかったのですが、兄がメタルギアソリッドをやっているのを見て面白そうだと思いプレイ。

PS1なのですが当時、キャラが喋るゲームというのは全然ありませんでした。
その中でメタルギアソリッドは無線のやりとりのすべてがボイス付き。
単独潜入の中での緊迫感が見事に表現されていて、その雰囲気に魅了されました。



伏線やストーリーが秀逸で、さながら映画でも観ているような展開。
ゲームは今やグラフィックが重視される時代ですが、ストーリーは今でも他に類を見ないくらい面白い。
私は、メタルギアのナンバリングの中ではストーリーは3と並んで素晴らしいと思う。

映像やグラフィックは今ではなかなかやる気にならないかもしれませんが、興味があればぜひプレイして欲しいと思う作品です。

メタルギアソリッド2

あらすじ
マンハッタン沖タンカー沈没事件
シャドー・モセス島事件から2年後。シャドー・モセス島事件を生き延びたリボルバー・オセロットはメタルギアの技術情報を闇市場へ流し、世界中でメタルギアの亜種が誕生していた。反メタルギア財団「フィランソロピー」のエージェントとしてメタルギアの破壊活動を続けていたソリッド・スネークは、アメリカ海兵隊が開発した新型メタルギア、RAYが演習のために極秘裏に輸送されるという情報を入手し、その調査のため、アシスタントのオタコンと通信をしつつ、輸送用の偽装タンカーに単身潜入を開始する。
ビッグ・シェル占拠事件
マンハッタン沖タンカー沈没事件から2年後。マンハッタン沖に建設された巨大海上除染施設・ビッグ・シェルが、「サンズ・オブ・リバティ」を名乗るテロリスト集団に占拠された。施設の視察に訪れていたアメリカ大統領等を人質に取り、彼らが要求したのは現金300億ドル。要求を呑まない場合、ビッグ・シェルを爆破すると通告してきた。人質の救出とテロリストの武装解除のため、FOXHOUNDの新人隊員である雷電は、ビッグ・シェルへ単身潜入を開始する。

引用 wikipedia

プラットフォームをPS2に移行してのナンバリング2作目。

実際にありそうでノンフィクションに近いような話だけど、少々現実離れ感が強かったかなと思う。
ただ、ストーリー展開は相変わらず面白い。

これで一番ハマッたのが、CG鑑賞のメニューで人物をサラリーマンやおばちゃんに変えて鑑賞できたシステム。
深夜に一人で爆笑したのを憶えていますw

メタルギアソリッド3

あらすじ
ヴァーチャスミッション
1964年8月24日、ソビエト連邦領ツェリノヤルスク。正式な部隊編成を賭けて特殊部隊「FOX」に与えられた初の実戦任務は、ソ連の兵器開発者ソコロフの亡命の支援だった。ソコロフが開発していた新型兵器の演習中の隙を突き、「FOX」のエージェントであるネイキッド・スネークは敵地ソ連へ史上初のHALO降下を敢行する。
スネークイーター作戦
ヴァーチャスミッションの失敗から1週間後の8月30日。最後のチャンスとして、敵に連れ戻されたソコロフの奪還、彼が開発していた新型兵器「シャゴホッド」の破壊、GRUのヴォルギン大佐の抹殺、そしてソ連に亡命したザ・ボスの抹殺という任務を帯び、FOXの存続をかけて、スネークは再び敵地に降り立つ。

引用 wikipedia

個人的にメタルギアソリッドシリーズの中でも、メタルギアソリッドと肩を並べて奮えた・震えたストーリー。
スロットは人気が無く残念な台でしたが。。
ただ、この話はマジで泣けます。ゲームは色々やりましたが、さすがに泣けたのは後にも先にもこれとFF10くらいです。



時代は遡り東西冷戦の真っ只中。メタルギアソリッドでも重要人物のBIG BOSS誕生にまつわる話。

好きだった無線のやりとりが簡素化され(時代を遡ってるから当然なんですが)、さらにいきなり過去の話。
出た当時、楽しみにしていたシリーズなのになんで続きじゃなくて、過去の話をやるのかな~↓↓↓
なんて落胆した記憶があります。

しかしゲームを進めていくうちにドンドン引き込まれ、気が付いたら先が気になって寝れなくなっていましたw
とにかくストーリーが素晴らしく、スパイ映画さながら。
まあ実際メタルギアソリッドシリーズはスパイの話なんですけどw

ただ難易度は1と2より難しい。とにかく敵に見つかると落ち着くまで結構時間がかかる。
さらに、慎重にいかないと見つかりやすいので骨が折れる。難易度は高めですが、難易度設定もあるので心配ありません。

メタルギアソリッド4

あらすじ
ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件
武装集団「サンズ・オブ・リバティ」の引き起こしたビッグ・シェル占拠事件以降、世論の反発で正規軍の他国への派兵が困難となったアメリカが、PMC(民間軍事会社)にこれを代替させるようになった。その結果、PMCが急速に台頭。無人兵器の発達やナノマシンによる兵士、武器、兵器、戦場の制御管理を行う「SOPシステム」の確立を背景として合理的な戦争経済が成立し、戦争はビジネスへと変わっていった。
オタコン、雷電と共にオルガの娘の捜索、愛国者達の調査を行っていたソリッド・スネークだったが、ビッグ・ボスからの遺伝子コピーにより生まれた因果により、肉体の急激な老化が進み、突然の発作に苦しめられるようになっていた。身分を隠す必要性と、老化による容姿により、オールド・スネークと呼ばれていた。
ビッグ・シェル占拠事件から5年後の2014年。スネークのもとに国連職員となった元ハイテク特殊部隊FOXHOUND司令官ロイ・キャンベルが訪れ、世界各国の大手PMCを運営するマザーカンパニー「OUTER HEAVEN」を統率し、大規模な軍事蹶起を目論むリキッド・オセロットの暗殺を非公式に依頼する。残り僅かな余命をこの任務に賭けたオールド・スネークは、任務を遂行するためリキッドが潜伏する中東の戦場へと単独潜入を開始する

引用 wikipedia

3から時系列は戻り、2の続き。ソリッドスネークの物語の完結編。

プラットフォームがPS3ということもあり、グラフィックやTPSとしての操作性は大分現在のゲームに近いものになっています。
メタルギアソリッド1の敵キャラに被せている設定もあり、シリーズのファンとしてはニヤついてしまいました。

メタルギアソリッド ピースウォーカー

あらすじ
ピースウォーカー事件
1964年、かつて第二次世界大戦で活躍した英雄ザ・ボスは核を持ってソビエト連邦に亡命、世界に全面核戦争の危機が迫った。アメリカ合衆国はザ・ボスの弟子であったスネークをソ連に単独潜入させる「スネークイーター作戦」を展開。スネークは自分の師であるザ・ボスを倒すことで世界を核戦争の危機から救い、「BIGBOSS」の称号を与えられた。しかし、そのあとスネークは姿を消した。
スネークイーター作戦から10年後の1974年11月4日。南米・コロンビアの地で「国境なき軍隊(MSF; Militaires Sans Frontières)」 を率いていたスネークは、ある日、コスタリカ国連平和大学の教授を名乗るラモン・ガルベス・メナの訪問を受ける。
ガルベスは、常設軍を有していないはずのコスタリカで最近武装集団を見かけるようになったと話し、この武装集団にラ・シーア (CIA) が関与している可能性を指摘する。そしてガルベスは、コスタリカの平和を守るために、その武装集団を追い出してほしいとスネークに依頼する。「CIA(アメリカ)が関与しているようならば、政治で解決するしかない」と一蹴し依頼を拒否するスネークに、「国は動けない」とガルベスは食い下がった。そしてガルベスは、今回の依頼が政府からではなく一人の少女からのものであることを打ち明ける。パス・オルテガ・アンドラーデというその少女は、ガルベスの教え子で、以前行方不明の友人を探しに武装集団の施設に侵入したところを捕まり、暴行を受けたことがあると話す。しかし、あくまで断ろうとするスネークに、ガルベスは最後にこう言葉を添えた。
「あなたを、ビッグ・ボスと知っての頼みだ」
5時間後、追い討ちをかけるようにガルベスは1本のカセットテープを差し出す。それにはパスの友人がCIAに囚われていた際に録音したある音声が入っていた。既に死んだはずのザ・ボスの声だった。
ザ・ボスがコスタリカで生きているかもしれないというその情報にスネークは悩む。罠かもしれないと思いつつも真相を確かめるため、スネークは依頼を受ける。
スネークはコスタリカの港に潜入し、謎の武装集団の手によって核が持ち込まれていることを突き止める。スネークは核兵器を巡る陰謀を止めるため、コスタリカの奥地へと進んで行く。

引用 wikipedia

4でソリッドスネークの物語は終わり、ここからは主人公はビッグボスになります。
しかし、ぶっちゃけてピースウォーカーはやっていませんw
プラットフォームがPSPだったのが大きく、ナンバリングもついていなかったのでやりませんでしたw
5の前にやろうかと思ったのですが、時間の都合で断念。
いつか、HD版をやろうと思っています。

メタルギアソリッド5 ground zeros


メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ 通常版 – PS4


あらすじ
GROUND ZEROES
ピースウォーカー事件から4ヶ月後の1975年3月16日。スネークが率いる「国境なき軍隊 (MSF)」の兵力は、核を保有するほど強大になっていた。
この情報をつかんだIAEA(国際原子力機関)は、この軍隊に対する査察を申し入れる。しかしスネークは、国籍もなくNPT(核拡散防止条約)にも加盟していない「国境なき軍隊」を査察しようとするIAEAの意図をはかりかねていた。
その中で、ピースウォーカー事件で死亡していたと思われていたパスが生きており、キューバ南端の米軍基地内で尋問されているという情報がスネークのもとに飛び込んできた。この情報を聞いた少年チコは単身で救出に乗り出したが、捕えられてしまう。チコから助けを求める無線を受けたスネークは、パスとチコを救出するためキューバへ単身潜入を開始する。

引用 wikipedia



メタルギアソリッド5の序章として発売された作品。

区切られた基地内のみのマップで構成されるものの、操作性がより緻密になったことにより、潜入ゲームとして完成されている。
こんな値段で良いの?ってくらいにメチャクチャ安いんですが、ちゃんとやり込めば10倍以上の価値があります。いや、それ以上かな。
というか、メチャクチャ面白いですwその分、難しくもあるんですが・・・。

これは、何度も気付いたら朝までやっていた経験があるw
納得のできるミッションリザルトにならないとついついやり続けてしまうんですよねw

メタルギアソリッド5 phantom pain


メタルギアソリッドV ファントムペイン – PS4

あらすじ
THE PHANTOM PAIN
1984年3月11日。病室で目を覚ましたスネークは、自分が昏睡状態のまま9年間も眠り続けていたことと左腕の喪失、整形手術が施されていたことを知らされる。そんな彼が目覚めて暫くした後、謎の女性が現れ、医師と看護婦を殺害した後、スネークの暗殺も試みる。覚醒したばかりでほとんど動くことができないスネークを救ったのは、顔に包帯を巻いたイシュメールと名乗る謎の男だった。
引用 wikipedia

まさにメタルギアソリッドシリーズの中で、アクションゲームとして、ステルスゲームとして、最高傑作です。
ストーリーは個人的に納得のいかない部分はあるんですが、
そんな気持ちを凌駕する程に純粋にゲームとして本当に面白い。




これに関しては、好きな人は何度やってもなかなか飽きないと思います。
ただ、アクションゲームが苦手な人は難易度設定を控えめにしないとクリアが困難ですw

後々、難易度の高いバージョンで以前のミッションをクリアする項目があるので、
かなり苦労しますw

しかし、それを差し引いても余りある面白さがこれには詰め込まれている。
アクションゲームにチャレンジしてみようと思う人にはぜひ薦めたい作品です。

かなり長々と語ってしまいましたが・・・・・www
メタルギアソリッドシリーズは本当にエンターテイメントとして素晴らしい作品で、

  • アクションゲームにチャレンジしてみたい
  • 面白いゲームを探している
  • 話が面白いゲームをやりたい

こんな人に胸を張って薦められるゲームです。
こんな事私が言わなくても、日本だけでなく世界中で売れているという結果が面白さを物語っていますけどw

少しでも興味の湧いた方は、ぜひともメタルギアソリッドから順繰りやってみて下さい。
後悔はしないんじゃないかなぁ・・・。

投稿日:2018年2月26日 更新日:

執筆者:

Twitterやってます

自己紹介

管理人のDCです。
元DJのパチンコ店役職者でスロット好き。
業界ネタや内部事情、体験した出来事など更新しています。
また自身の音楽知識を生かし、DJ目線での音楽紹介も行っています。
楽しく読んでもらえたら嬉しいです。
詳しくはコチラ