思考・考察

【6号機】「HEY!鏡」 等価地域では厳しい!?その理由と今後の懸念

おはようございます、DCです。

さてさて、3連休最終日となりました。
先週はスロットの「HEY!鏡」がデビューという事で盛り上がっていましたね。

私も私で入替作業後に打った記事を上げましたが、好感触だったのはやはり間違いなかったかなと思います。

そりゃあ旧基準機に比べれば、見劣りするのは当然です。大体からしてスペックが違います。

それでも感触が良かったのは、ゲーム性〜演出まで丁寧に作りこんでいると感じる部分が見られたからでした。

営業マン

ツイッターやブログで良い台だってガンガン煽って下さいよ〜!

え〜?そんな大してpv無いし、そんな意味ないでしょ〜w

営業マン

やって下さったら、女性の脱ぎたてムレムレのパンプス&ハイヒールを5足ご用意させ・・・

なんて書けば良いんだい?
(食い気味)

営業マン

wwwww

というやり取りがあったので良いように書きました。

もちろんフィクションですww

そんな「HEY!鏡」ですが、個人的に懸念している部分があります。
今回はその事に関してです。

ブログ村ランキング
参加中です!

ぜひ、1クリックよろしくお願いします!

初週データは赤字

相互リンクして頂いているクロロさんもこちらの記事にて紹介されていますが、データの平均値が赤字となっています。

■アメリカン番長HEY!鏡 営業数値
アウト:23,550枚
粗利:-106円
コイン単価:1.75円
台数:325台

基本的に新台というのは、初週のアウト(打ち込み枚数)が多く、徐々に落ちていく。
この落ち込み方というのは設定使用の有無にも因りますが、機械の出来でも大きく左右 されます。

概ね好評という部分と、設定を使用している店舗が思いの外多かった結果でしょう。

---スポンサーリンク---

2週目以降の予想

私が懸念しているのは、今後のホールの扱い方に関して。

まずは一通り参考値を掲載します。

HEY!鏡の機械割
設定機械割
設定197.9%
設定299.5%
設定3101.1%
設定4104.2%
設定5107.3%
設定6112.0%
番長3の機械割
設定機械割
設定198.2%
設定299.4%
設定3101.6%
設定4106.7%
設定5116.0%
設定6119.3%
バジリスク絆の機械割
設定機械割
設定197.30%
設定298.60%
設定3102.00%
設定4106.60%
設定5112.10%
設定6119.20%

設定2の重要性

マークを付けた設定2の部分に注目して下さい。鏡と番長3の設定2の機械割数値はほぼ同等。

これが何を意味するのか?

ちょっと話は変わりますが、番長3の設定看破要素に関して少々言及します。

番長3の設定看破において重要視されるのは以下の項目。

初当たりをしっかり取れるかどうか?

初期ストック数の平均

チャンスチェリー出現の有無

引き戻し特訓発生率

まず確実に強制逆転に当選したかどうかを見抜くのは状況が限られるため、結果的にしっかり初当たりを取れ・初回ループストックが安定するか?
チャンスチェリーが出現するか?ここは答え合わせに近いものだとは思いますが・・・。

もちろん他にも通常時のモード移行含めて見る事になりますが、ここでは省きます。

で重要なのは引き戻し特訓発生率。

数値自体は重要ではないので数値は載せませんが、ここで偶奇の判断を下す大切な看破要素となります。番長3に使われるとなれば6を狙ってくるユーザーがほとんどなので、奇数挙動であれば見切られる場合が多くなります。
もちろん、同じ偶数の246でも上に行くほどに上がり、6は別格となっていますが、重要な要素です。

ここでホールとして重要になるのは偶数をダミーとして使う事。

つまり6かもしれないという状況を引っ張り、ダミーの2のアウト(打ち込み)を確保する事。

確定演出なり、高設定挙動を確認されると周りの台は見切られていきます。
結果的に奇数、要は1は見切られていく。偶奇で差のある台は余計にわかりやすい。

低設定域の台のアウトが下がると想定よりも赤字が拡大する事になります。

番長の現在の扱い

上記の理由により設定2の使い方が重要になってくるんですが、設定2の機械割が高い。
理論上、店側の黒ではありますがかなり打たれなければ、人によってはチャラ~赤を覚悟して使う事になる。

比較対象として絆の機械割も記載しましたが、番長3が絆の代わりになり得ない部分はスペックだけではなくこの部分。

ここは本当に絆の良く出来ている部分だと思う。
2を使いやすい。つまりダミーの投入がしやすいので下のアウトを稼ぎやすい。

しかし番長3の場合は、自然とイベント日であっても1の比率が多くなります。使いづらい点と言って良い。

よって、番長3に継続的に力を入れ続け、信用を勝ち取っているホールしかしっかり稼動していない。
これが番長3の現状です。

HEY!鏡は等価はキツイ!?

つまりは番長3同様、「HEY!鏡」に関しても等価ホールでは2をダミーとして使いづらい というのは間違いなく言えます。

そもそも設定の入りやすさというのは利益の取りやすさに基本的に比例する。
ホールがダミーを使いづらいとなると、今後長期的に運用していく上ではネックになってくる 部分。

解析についてはまだ2週目に入る段階なので、決定的なポイントに関して出てくるのはまだ先でしょう。
番長3と違い、偶数・奇数での挙動の違いが無く設定に対し段階的に抽選が優遇されているならばまだ希望はありますが・・・・・

今までの番長シリーズの傾向から言って、偶・奇での違いがあるのは間違いないのではないかな?という所。

---スポンサーリンク---

まとめ

「HEY!鏡」は、

高ベース故、元々コイン単価が安いのでアウト(打ち込み枚数)を多く確保しないと利益の確保が難しいのではないか?

等価ホールは2の機械割が高いので、偶数設定のダミーとしては使いづらく1メインにせざるを得ない

結果利益を取りづらくなるのではないかという懸念がある

よって稼動の確保がしづらくなるので設定を使いながらの運用が難しいのではないか?

簡単にまとめるとこれです。

あくまで個人的に考えているだけで必ずしもそうなると決まっているわけではありません。

ただ、ツイッターでも平均数値でも思っていた以上に鏡に力を入れるホールが多かっただけにこの懸念は個人的には拭えません。

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。