雑談・雑記

本当にあった怖い話!? ノンフィクション変態体験談(ちなみにスロ・パチは無関係ですw)

おはようございます、DCです。

ちょっと仕事に追われていて内心滅入ってますw昨日も少し言いましたが、10/1~タバコが値上がりになります。

そのPOPを作り直さなければならないわけですが銘柄入替の検討のために出数の統計を取ったり、POPの画像を作ったりを勤務時間外にやる。

仕事して帰ってきてまたPCに向かってそんな作業やった後に・・・
また業界ネタやパチンコ・スロットに関するブログを書く。

やってられるかバカヤロー!!(# ゚Д゚)
どんだけ業界好きなんだよww

という話ですw

そんなわけでちょっと滅入るので、今回は雑記をします。

でもただの雑記ではつまらない。

という事で今回は、私が20代前半の頃に体験したリアル変態体験談をお話しようと思います。

フルスロットる!は実際にあった事しか書きません。ネタであった場合はネタであると言います。
ただし免責事項にも記載していますが、身バレの危険性は少なからず存在するので多少状況を変えて書いている場合もあります。

まあ例を挙げたらまた不都合があるので控えますが、出来事自体は本当にあった話です。

しかし!今回の話は正真正銘私のプライベートでのリアル話ですw
なかなかレアな体験かと思います。

登場人物
DC

私です。若いので少しトゲトゲしてますw

マミコ

当時の彼女です。



(????)

それではどうぞ!

ブログ村ランキング
参加中です!

ぜひ、1クリックよろしくお願いします!

当時の状況

まだ私が20代前半の若いお兄ちゃんだった頃の話。

この頃は1年程付き合った彼女のマミコと一緒に暮らしていました。

彼女は大学を卒業し、神奈川の志望していた業種の企業に就職が決まった。
実家から通うには少々遠いので、実家を出て暮らす事に。

私は当時、フリーターでDJをやりながらも個人経営飲食店のオープニングに声をかけられており勤務先は日本橋。
ちょうど良い機会だったので、私も実家を出て一緒に暮らす事にしたのだった。

そんな同棲生活の中のある日の出来事だった。

---スポンサーリンク---

突然わけのわからない事を言い始める彼女

夜、私が家に居たので休みの日であったと記憶している。
突然マミコが、

マミコ

またキタァ!!(涙目)

そんな事を言いながら携帯を持って私の元に駆け寄ってきたのだ。

正直、わけがわからないw

一体何が「また」なのか、何が「キタ」のか意味がわからない。

まずは落ち着かせて話を聞いてみる。
すると・・・・・

昔、フリーの時に付き合わなかったがちょっと遊んだ奴が居た

つい最近そいつからテレビ電話がかかってきた

テレビ電話に出るとナニをナニしている映像が映し出された

まあ突っ込み所はあるにはあるが、私はあまり過去の過ちなどは気にしないタイプの人間なので最初の項目は別に良い。

問題は2番目と3番目だ。
話に聞いてみてもそんな事はにわかに信じがたいw

DC

そんな事する奴いるの?ww

そんなわけで私はそのテレビ電話に出てみる。

すると・・・・・

「ハァ~、ハァ~(*´д`*)エクスタシィー」

---スポンサーリンク---

本当にあった変態話

率直に感想を述べると、噴出しそうになったww

(差別をする意図は全くありません)男性だったらわかるかもしれないが、性的マイノリティーの人でない限りは男性が男性のナニをナニしている様子を見ることなどあり得ない。
というか、見たくも無いw

故に私はなんだか面白くなってしまっていたのです。

今思い出すと、

本気で怖がっている彼女の横で面白がるとかダメじゃね?w

って話ですけどね。

でそれを見ていてもラチがあかない。そして面白かったのが少しイライラに変わってきたのだった。

私は滅多に怒ったり怒鳴ったりすることは無いが、そうなったら止まらなくなるタイプなのでいつも冷静でいることにしている。
そこで自分を落ち着かせて言ったのだ。

DC

お前、自分が何してるのかわかってんの?

すると・・・・・

「Σ(゚Д゚;)ギクッ! ガタガタガタン!プツッ!ッツーーッツーーッツーー・・・」

電話は切れたのだった。

しかし!切れたのは、
電話だけではなかった。

私も切れてしまっていたww

DC

こんの野郎!(# ゚Д゚)ゴルァ!

なんでこんなに怒りのボルテージが急上昇してしまったのかは正直自分でもよくわかりませんw

その後は怒りに我を忘れ、何度もこちらからかけるも繋がらず。(そりゃそうだw)
しまいには着信拒否されてしまった。(そりゃそうだw)

怒りがまったくおさまらず、SMSでその怒りの言葉を入れた記憶がある。(あまりの怒りで憶えていないw)

「今度こんなことやってみろ!どんな手を使ってでも探し出して出るとこ出させるから覚悟しろ!」

多分こんなような感じだったと思う。

—–スポンサードリンク—–

事の後とまとめ

まあこう思い返してみると、バレてビビッて切るくらいなら最初からやるな!と思うし、イラつかせておいて放置プレイみたいな部分が余計に怒りを募らせた原因なのだと思う。

その後は怒りが冷めやらぬ私はずっとイライラして落ち着かなかったとの事だった。(自分では憶えていないw)
携帯を壊されそうになったがなんとか止めたらしい(自分では憶えていないw)

職場の女性スタッフでなかなかすごい経験の持ち主が居る。ここでは過激過ぎて書く事が出来ないが、様々な男性の欲望をぶつけられてきた経験がある。
そんな女性が言っていました。

「特殊な性癖を持つ人は難儀だと思う。」

そんな女性がそう言うのだから説得力があるセリフだ。

私はスタッフの靴のニオイを嗅いだり、キュロットを被るくらいで特に特殊な部分はないのだが、その女性によると満足する方法でしか満足出来ない人もいるのだと。

そう考えればそれは大変な事であり、その相手を探すのにも当然苦労する。
言われてみれば、難儀な話だと確かに感じた。

ただ1つ、1つだけ言わせてもらいたい。極々当たり前の事で当然の事である。

人に迷惑をかけてはいけない!

最後までお付き合いありがとうございました!

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

POSTED COMMENT

  1. 雨沢 より:

    DCさん
    こんにちは!!

    DCさん難儀な性癖や…←

    その彼、恐らく今は不特定多数に配信してますね←

    • DC より:

      雨沢さんコメントありがとうございます( ^ω^ )

      そうなんですよ!なかなか好みの香りに出会えなくて困っていますw

      本当に信じてしまいそうなレスw

      どうですかねw
      この件で懲りていれば良いですが・・・こういう陰湿なの大嫌いなんで許せません!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。