思考・考察

パチンコ店の一物一価 今後「一物二価」・「二物二価」が認められることはあるのか?

投稿日:

おはようございます、DCです。

今回は、今や当たり前となっている交換率の統一に関しての話です。

店側もユーザー側もこの点に関しては感じる事や考える点もあるのではないかと思います。

ブログ村ランキング
参加中です!

ぜひ、1クリックよろしくお願いします!

—–スポンサードリンク—–

そもそも一物一価とは

一物一価問題と聞いてもピンとこない人も居るかもしれません。

なので簡単にではありますが、概要と背景を説明しておきます。

2011年秋の規制

2011年秋頃から、それまで突っ込まれる事の無かった、店内での一物二価(三価以上の場合もあった)交換に関して行政から指導が入りました。

4パチ 4円貸し 1玉/3円交換(交換率75%)

1パチ 1円貸し 1玉/0.625円交換(交換率62.5%)

スロット 20円貸し 等価交換(交換率100%)

この形だと各貸し玉料金ごとに、1つの賞品(景品)に対し3つの価値が存在するということになります。

行政がこの規制で問題にしたのは、1つの賞品に対してP・S問わず貸し玉料金コーナーで差があるのがおかしいという点。

よって現在では、P・S、各貸し玉コーナーは交換結果として同じ価値で提供、つまり各貸し玉で交換率を合わせるという事を指導されたということです。

では、パチンコ・スロットそれぞれに違う特殊景品を用意するのはどうか?(二物二価)
これは実際にそうしている店舗もあるようですが、実質アウト。

貯玉口座に関しても、旧交換率口座を閉鎖している店舗がほとんどです。
(複数口座が存在するという事は、一物に対し複数の価値が存在する事になるため)

規制が始まった当時、こうしてなんとか逃れられないかと模索されました。

パチンコ館とスロット館と建物が別で営業許可書が別だとしても、同法人また同一敷地内であれば二物二価として認めないとされた話も聞きました。

4パチ 4円貸し 1玉/3.571円交換

1パチ 1円貸し 1玉/0.892円交換

スロット 20円貸し 1枚/17.857円交換

※ 上記は11.2割分岐(スロット5.6枚相当)

こうして統一せねばならなくなりました。

—–スポンサードリンク—-

一物一価規制がもたらした苦境

そもそも、パチンコ・スロットは性能が別物です。

各店この交換率を調整する事により多様な営業スタイルを選択する事が出来ました。どの店も立地や客層が違うので、その需要に合わせて機械選定・調整が必要になります。

しかしこの規制により営業スタイルは制限され、主にメイン貸し玉コーナーに合わせる形を取る・中途半端な交換率に設定する、この2択となった。
(一物一価規制と等価禁止は別問題)

パチンコは交換率を下げて設定し、スロットは等価。ほとんどのホールがこのスタイルでした。
稼動の事を考えればこれが妥当な場合が多い。

規制の結果、どうなったかと言うと多かったのはスロットに合わせた交換率に設定するというスタイル。

スロットは元々等価。これを下げると簡単にお客が他店に流れてしまう。
対してパチンコは交換率が上がる。

これを考えれば上記の選択になるのは容易に想像出来ます。

この後もMAX機撤去問題・釘問題と続きましたが、パチンコの客離れが進んでいく結果となりました。

—–スポンサードリンク—-

業界に必要な事

現状のパチンコ業界に必要な事と言ったら、

『一物二価を認めてもらう事』

こう答える業界の人間はかなり多いと言えるでしょう。私ももちろんそうです。

当然です。パチンコとスロットは運営方法をそもそも同列で扱ってうまくいくものでは無い場合の方が多いです。

ユーザー観点で言わせてもらえば、回らないパチンコなんてものは打つ価値など無いくらいにつまらないと思う。
どんなにスペックが良くとも、台の出来が良くとも、どんなに面白くとも、回らなければすべてが台無しです。

現在進行形でパチンコ・スロットへの規制が進んでいますが、2020年の東京オリンピックに向けての規制です。
では、それ以降にせめて『一物二価を認めてもらう事』が叶うことはあるのか?

以前、相互リンクして頂いている楽太郎さんにも尋ねた事がありましたが・・・・・

おそらくこの点についての緩和はないだろう。

これが現実的な話です。

度々社内でもこの話になりますが、皆、一度ダメだと言ったモノを緩和するというのは無いよね。という見解。

いざという時に我先にと足並みが揃わない、みなし機、イベント規制でルールを逸脱する事により行政から指導を受けるくらいいい加減な事や抜け道探しをしてしまう。

こんな状態では、全日遊連から陳情しようと受け入れられる余地は無いという事も言えるかと思う。

実現すればまだいくらかはマシになる点ではありますが、難しいというのが現実です。

-----スポンサードリンク-----
お帰りはコチラでございます
↑↑↑↑↑↑
や、やる気を下さい!1クリックお願いします!!
パチンコ屋の裏話関係記事は
キャラ画像
↑↑↑コチラです↑↑↑

-思考・考察
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日々の行いや心霊オカルトが収支に影響する!?

こんにちは、DCです。 日々の行いが良いから良い事があった。 日々の行いが良いからパチやスロの結果が良い。 冗談半分でこんな事は度々言われるし、聞くことですよね。 徳を積むという話では周りの人からの評 …

パチンコ店の裏側・裏話 パチ屋の人間関係 コミュニケーションは大切だが諦めも肝心!?

おはようございます、DCです。 どのようなライフスタイルであれ、少なからず人は人と接するものです。 今の時代、自宅で仕事をしていればその限りでないかもしれませんが、逆に人と接さないように努めなければ嫌 …

もうすぐ導入開始の設定付きパチンコ そのスペックと可能性を考察

おはようございます、DCです。 8/20~導入開始予定となっている、「Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW」 新規則機設定付きパチンコの第1弾です。 今回はそんな設定付きパチンコに関して分析をしていきた …

ドラマ『高校教師』とパチ屋のイベント・みなし機のコンプライアンス

おはようございます、DCです。 自分でタイトル付けておいてなんなんですが、このタイトルw 一見なんだそりゃ?という感じですが、まとめていきますので、どうか最後までお付き合い下さい。 タイトルになんだそ …

相性やヒキというのはオカルトなのか?

職業的にスロットやパチンコを打っている専業と一般ユーザーを比較すると、相性という言葉は一般ユーザーから出てくるものです。 何故かと言うと、専業というものは期待値という考えを礎に立ち回りを行い収支を上げ …

Twitterやってます

自己紹介

管理人のDCです。
元DJのパチンコ店役職者でスロット好き。
業界ネタや内部事情、体験した出来事など更新しています。
また自身の音楽知識を生かし、DJ目線での音楽紹介も行っています。
楽しく読んでもらえたら嬉しいです。
詳しくはコチラ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。