思考・考察

もうすぐ導入開始の設定付きパチンコ そのスペックと可能性を考察

おはようございます、DCです。

8/20~導入開始予定となっている、「Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW」
新規則機設定付きパチンコの第1弾です。

今回はそんな設定付きパチンコに関して分析をしていきたいと思います。

あくまで個人的な見解と意見や考察になりますので、そこの所はご理解下さい。

ブログ村ランキング
参加中です!

ぜひ、1クリックよろしくお願いします!

まずは規則のおさらい

パチンコ旧基準
経過時間下限上限
1時間なし300%
10時間50%200%
パチンコ新基準
経過時間下限上限
1時間33%220%
4時間40%150%
10時間50%133%
  • 大当たり1回の出玉が最大1500発に
  • ラウンド数は最高10ラウンド
  • 実射試験の項目に1時間・10時間に加えて4時間が追加
—–スポンサードリンク—-
---スポンサーリンク---

実射試験の上限・下限

大当たり1回の最大出玉数が2400発→1500発というのは大きいですが、それより大きいのは実射試験の短時間・中時間における出玉率に下限が設けられた点。

パチンコ新基準
経過時間下限上限
1時間33%220%
4時間40%150%
10時間50%133%

各条件下で細かく見ていきます。

まず前提でパチンコは1分間の発射数は100発以下と決まっています。
まあ100発と思って良いです。

それを踏まえて、この実射試験のクリア条件を玉数で見ると・・・・・

経過
時間
打ち
込み玉
下限
割数
下限
差玉
上限
割数
上限
差玉

時間
6000発33%-4000発220%13200発

時間
24000発40%-14400発150%12000発
10
時間
60000発50%-30000発133%19800発
---スポンサーリンク---

厄介なのは下限割数の存在

現在発表されている、設定付きパチンコはいづれもライトミドル以下。

その理由は出玉率の下限の存在故。

下限存在の弊害

どういう事かと言うと、上限に関しては短期であれば充分なスペックが可能。
1時間で万発以上の幅があれば、ユーザーも納得のスペックが実射試験をクリア出来る。

まあ、スロットの枚数換算で2000枚ですから旧基準機のATくらいなものです。

しかし、下限が設定される事によって、爆裂スペックを封じられているわけです。

それだけの爆発力を有していた場合、

当たりの確率の設定を下げる

吸い込みを速める

これをどちらか、及び両方実現しなければならない。

そうでないと、ホールでは使い物になりませんからねw

払出には大当たりでの出玉だけでなく、スタートチャッカー・ベースチャッカー入賞での払出も含みます。
差玉ですので決して当たり玉での払出だけでは無い点には注意。

日工組の内規

日工組独自の内規として「総獲得遊技球数の期待値上限」(通称、総量出玉の上限)を設けており、出玉率の上限下限は当然のことながら、総量出玉の上限も遵守しなければならない。この総量出玉の上限は、スペック毎に取り決めが決まっており、全てのスペックが同一基準ではない。つまり、この総量出玉の上限を知るだけで、スペック毎における出玉性能の限界値を知ることができるわけである。

<総獲得出玉期待値の上限>
・(小当りRUSHタイプを除く)1種タイプ、2種タイプ
⇒初当たり出玉を含まず6,400個未満

・1種+2種タイプ
⇒初当たり出玉を含まず6,400個未満、但し初当たり出玉を含めて7,200個未満に収める必要があり

・小当りRUSHタイプ
⇒初当たり出玉を含まず6,400個未満、また、小当りRUSH1回につき出玉期待度は1,500個(旧基準は2,400個)未満にする必要あり

・継続率65%以上のリミッタータイプ
⇒初当たり出玉を含めて6,000個以下

・一般電役タイプ
⇒初当たり出玉含めて4,500個未満

引用元 遊技日本

ポイントになるのはこのメーカー組合の内規に緩和があるかどうか。

しかし、この内規が緩和されるというのもなかなかこの時勢下では難しい問題ではある。

まとめ

下限差玉の存在により作れるスペックが限られてしまう。

日工組独自の内規に緩和があるかどうかで瞬発力の有無にも違いが出てくる。

台自体に設定示唆や、確定演出などが盛り込まれるのは容易に想像出来ます。

10時間の打ち込み玉が大体終日稼働(もう少し少ないかな?)の結果になってきますが・・・・・

玉数で見るとやはり厳しいですね。
約20000発と言っても、スロット換算で4000枚。

スロットで言う所の、機械割113%という所です。
スペック的に上限というだけで、基本的には試験クリアのためにはこれ以下でないと難しい。

さらに言えば、パチンコはやはり瞬発力が魅力。
日工組の内規緩和があるか無いかが焦点になりそうです。

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。