スタッフの業務

パチ屋景品カウンターの管理 意外と気を使う理由

投稿日:2018年8月6日 更新日:

おはようございます、DCです。

裏話ネタを投稿しようと思ってもそもそものシステムや仕組みがある程度わかっていないと説明が難しい。

長くなり過ぎて読みにくくならないよう1記事1500~2000文字くらいを目安にしているのでそこらへんを一気にガッツリ書いてしまうと、この2倍~3倍くらいまで膨らんでしまいますw

出来うる限り簡単に読みやすくしていきたいので、今回は景品カウンターに関する事を少々。

ブログ村ランキング
参加中です!

ぜひ、1クリックよろしくお願いします!

—–スポンサードリンク—–

景品カウンターの業務

景品カウンターの業務はユーザー側から見ると交換業務が主な業務だと考えられると思います。

確かに一日の大半がそれです。
しかし、同じくらいに重要な役割として在庫の管理が挙げられます。

単純な話で一言で言うなら、在庫というのは店の大切な財産であり取り扱う商品の管理も同時に重要な事であるから。

接客

交換業務

在庫の管理

男性客の誘惑

主な業務はこれ。

男性客の誘惑はもちろん冗談ですが、スムーズな交換や接客・良い表情などでお客様を送り出す。

この意味ではあながち間違っているわけでもありませんけどねw

—–スポンサードリンク—-

景品カウンターの一日の流れ

早番
在庫確認・在庫数の訂正
特殊景品含む、景品の納品対応・入庫
POPの作成や必要に応じた整理・管理
遅番に引継ぎ
遅番
在庫確認
POPの作成や必要に応じた整理・管理
在庫の確認

言うまでもないかもしれませんが、どちらも接客や交換対応を含みます。

在庫の確認というのは全ての景品数を数えて、実在庫と管理上の在庫(POS内の数)との照合の事。

景品POS

中にはこう思う人も居るかもしれませんね。

「在庫確認し過ぎじゃね?w」

ハッキリ言って、この在庫確認に関してはやってやりすぎることは無い。
何故なら、これが多ければ多いほど管理の正確性と不正の予防・防止に繋がっていくから。

管理の正確性に関しては、全ての景品をバーコードで読ませるシステムにすればまた違ってきますが・・・

例えば、余り25玉・5枚などの余りが出た場合、

25玉・5枚のお菓子を1個 のところを、

10玉・2枚のお菓子を2個

と入力間違いをした場合。

この時点で実在庫とPOS上の在庫数値に誤差が生じてくる。

これはまあ極端な例ですが、コンビニやスーパーでのお釣りの渡し間違いによる現金誤差に似たようなものです。

大規模ホールと中規模以下のホールを比べれば、大規模ホールの方がお菓子などの細かい景品に関しては種類を少なくしている傾向が強い。

それはこの細かい景品の管理にそれなりの手間がかかる事が理由。
中規模以下は逆にそういった細かい景品をウリにして差別化を図っているという事です。

—–スポンサードリンク—-

考えられる不正

まず単純な景品の横領。

気楽に手を付けやすいのは、

タバコ

お菓子

飲み物

この辺りですね。

特殊景品に関しては、今は自動で払い出す機器を導入している店舗も多い。

さらに、元々特殊景品というのはある程度の定数を決めて、毎日その定数でスタート。
特に特殊景品を手出ししている店は交換したらその都度確認。
など最も在庫の確認を行う事が多いと言える。

ではこれに手を付けられるのか?と言ったら難しいのは間違いない。

今はそれなりの規模の法人であれば、特殊景品は自動払い出し機器を導入していますが、昔はそんなものありませんでした。
手出しで交換して、仮に店の損になってしまった(本来より多く渡してしまった)場合は自腹で埋めるというルールも存在したほどです。

さっきの例の余り玉、25玉・5枚。
中にはこれをいらないというお客様も居ます。
やろうと思えばこれを持っていった事にして、自分が持っていくというのも可能なわけです。

お客様がいらないと言うのはそれはそれ。
その権利をお客様が放棄しただけであり、スタッフのものになったわけではありません。
スタッフは店の・会社の責任の下、役割をこなしているというだけなので、これは立派な横領になりますねw

また、ホールのスタッフと結託して行われる場合も考えられます。

ホールのスタッフは業務上、少量であれば玉やメダルを気軽に扱える状況にあると言える。

ではさっき挙げたようなちょっとした景品に換えられるくらいの玉・メダルを流しレシートにしたら?

比較的簡単に不正が可能。

このような例もあるので、景品カウンターの管理というのはチェック体制を厳重にするに越した事は無いものなんです。
やってやり過ぎることは無いという事ですね。

そんなわけで次回は、景品カウンターで起こった不正事案を紹介します。

-----スポンサードリンク-----
お帰りはコチラでございます
↑↑↑↑↑↑
や、やる気を下さい!1クリックお願いします!!
パチンコ屋の裏話関係記事は
キャラ画像
↑↑↑コチラです↑↑↑

-スタッフの業務
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

パチンコ店 店内放送での失敗談 放送中に噛んでしまうのはあるある

おはようございます!DCです。 笑ってはいけない時に笑いのツボに入ってしまった経験ってありませんか? というか、多かれ少なかれある事とは思います。 つい最近もありましたが、ちょっと言葉が汚いので控えま …

パチンコ屋の女性スタッフの本音 経験豊富な女性スタッフが受けるセクハラまがいの事例

おはようございます、DCです。 パチンコ屋のお客は大半が男性客です。 そうなると自然と店側は女性スタッフを意識的に多く配備する事になるというのは至極当然な理論と言えます。 女性スタッフは意外と大変です …

パチ屋の現金裏話 現金回収は営業中は避けるべきなのか? 「Another 強盗 嫌デ~ス  奪われるかもしれない現金ver.」

おはようございます、DCです。 今回は、先日の記事、 パチ屋で起こった現金トラブル 目の前に現金があっても手を出してはいけない!その理由 「ミリオン窃盗 ~奪われた現金ver~」 こちらのコメントにて …

パチンコ屋の女性スタッフの苦労 変態紳士からのセクハラ実例

おはようございます、DCです。 前回の内容に引き続き、被セクハラ経験豊富な友人であり、元部下のほむ子ちゃんの具体的な実例を紹介します。 ほむ子登場回はコチラ。 パチンコ屋の女性スタッフの本音 経験豊富 …

パチ屋のマナー違反客が女性スタッフを恫喝!?未然に防ぐために必要な事

おはようございます、DCです。 本日の話題はこちらです! 『いきなり!ステーキ』 初体験! 今ものすごい勢いで出店されている『いきなり!ステーキ』 引用元 いきなり!ステーキ公式サイト様 去年は全国1 …

Twitterやってます

自己紹介

管理人のDCです。
元DJのパチンコ店役職者でスロット好き。
業界ネタや内部事情、体験した出来事など更新しています。
また自身の音楽知識を生かし、DJ目線での音楽紹介も行っています。
楽しく読んでもらえたら嬉しいです。
詳しくはコチラ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。