裏話

台移動自由が当たり前 なぜスロットの台移動禁止が多かったのか?

おはようございます、DCです。

突然ですが、来週中にサイトリニューアルを予定しております。
現在、サイトの作りがド素人丸出しの全くノータッチ状態です。
ご覧になって下さっている方にはさぞご不便をおかけしてしまっているだろうと前々から思っていました。

それと合わせてブログタイトルの変更も行います。

「我ながら超絶センスの無いブログタイトルで恥ずかしい。。」

と最初から思っており、実は変更する機会をずっと窺っていました。

その際には改めてお知らせしますので、よろしくお願いします。

それに伴い、中の人も変わります。

『激カワ現役女子大生スロッター、隙間時間に期待値稼動。夜はキャバクラでオジ様と知り合って期待値追っちゃうよブログ』になります。

日頃のあんな事やこんな事をあられもなく更新していくので、ぜひ色々と捗らせて下さい。

前回の稼動記事で一度通常記事を挟んでと予定していましたが、少々予定を変更させて頂きます。
リニューアル後にアップする予定になっておりますので、ご了承下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

女子大生スロッターとか興味ある!という方は、
1クリックよろしくお願いします!(`・ω・´)ゞビシッ!!

スロットの台移動

台移動禁止

4号機時代から5号機初期まではあまりメダルを持っての台移動をOKとしている店舗はそう多くありませんでした。

私は当時、遠出して打ちに行くような事はまず無かったので、神奈川の私の行動範囲内での話ではありますが、5号機の中期あたりから台移動OKになる店舗が増えてきた印象です。

ここに関しては、店舗や法人の考え方にも因ります。要はどこに重きを置いて考えているかです。
今でも台移動はお断りという店は存在しますが、何故お断りなのでしょう?
今回はこれを簡単にですが説明していきたいと思います。

禁止の理由

ゴト対策

対策と言っても、台移動禁止が直接の対策になるわけではありません。

ゴトと一言に言っても様々種類が存在します。その中でも台移動禁止に関係するのはメダル誤差の発生するゴト。

主にメダルの誤差が発生するのは、

  • メダルの持ち込み
  • メダルサンド・ホッパーゴト
  • 内部不正

ザっと挙げてこの辺り。

パチ屋のデータは毎日クリア&リセットされます。
上に挙げたのはどれも本来あり得ない所からメダルが発生しているので確実に誤差メダルが発生します。

何故かと言うと、データ上払い出しているメダルよりも交換しているメダルの方が多くなる事はまずあり得ないからです。
(売り上げデータや台の打ちこみデータ取得に不良があればあり得る)

ある一定レベルのホールコンであれば、打ち込み誤差などが発生するとリアルタイムでアラームが出るように設定出来るようですね。
(私の勤務先では訳あってあまり触らない機能ですが)

ここ5~6年くらいでそこそこのリニューアルをかけている店舗であれば、それを機に設備の買い替えや変更を行っているはずです。

しかしホールコンも何百万もする代物です。そういった大型リニューアルなどの機会が無ければ中々替えるという事にはならないでしょう。

誤差発生がわかるホールコンを使用していればまだ良い。
しかし誤差メダルが発生した場合、台移動自由になっていると原因の特定に膨大な時間がかかります。

たとえば不特定多数が出入りする駅前店であれば、客数で言うと郊外店よりも多い傾向があります。(あくまで傾向)
そういった環境であればちょっとしたメダルの持込なんかは非常にやりやすい行為であると言える。

そこに重きを置いたら移動はお断りのままという店舗もある。

まずはゴトというのはやられた事に気付かなければ対策も何もない。
そういった意味で原因の究明が第一歩。その後に対策を練ってそれを行動に移していく事になる。

売上

例えば、AT・ART機で連続演出中、前兆中、高確中にメダルが無くなったとします。
そうなったら、サンドの玉貸しボタンを押す事は多いでしょう。

そこで前兆を打ち切ったが20枚程メダルが余った。台移動OKならば移動先で使うという人は多いでしょう。
しかし、禁止であった場合はほとんどの人がそのまま打ち込んでくれます。

つまり、台移動を断る事で売りが立ちやすくなるわけです。
さらにはそのまま打ち込んでくれる場合が多いので利益にも貢献します。

ここが現実的に言って一番の理由になると言っても良い点ですね。

---スポンサーリンク---

台移動OKのメリット

ユーザーストレスの軽減

先ほどの売上の点で言った通り、前兆や高確が終了し流すのも面倒だと考えて打ち込んでくれる人も存在しますが、この台移動禁止のシステム自体がユーザーストレスになる。

例えば、近隣店が台移動自由なのに自店が禁止であれば一般ユーザーは自然と移動自由の方に流れます。
それはそうです。一度流すかそのまま打ち込むかの二択しかないのです。
移動先の台で使えるという選択肢があるのと無いではユーザーのストレスが違ってきます。

今や当たり前になってきている節があるので環境が許さないという部分は言えるでしょう。

客滞率

業界の専門用語で客滞率というものがあります。
稼働状況の判断に用いられる数字ですが、今や検索をかければそんな数字の説明はいくらでも出てきます。

しかしここではそんな堅い事ではなくもっと噛み砕いて挙げていきます。

まずは特に非等価であった場合、基本的に持ち玉遊技でなければ交換ギャップで損をします。
台移動禁止であるよりも台移動可の方が店内でそのまま遊技続行してもらえる可能性が高い。

遊技人口減少と言われ客数が減っているのと、都道府県別で等価禁止となっている場合もあるので、単純に客滞が悪くなる。
それに対する対策と言える。

あと等価であろうとそうでなかろうと、交換の切りが悪くなる事はよくある事です。

「あと~~枚足りない。」

これはよくある事ですよね。
この場合、切りの良い枚数に増やすために打ってくれる人は多い。もっと言うと現金遊技して端数合わせしてくれる人も居ます。

100枚以上の枚数のメダルを流す人は多いかもしれませんが、100枚以下の枚数を計数するのを面倒だと考える人は多い。

台移動自由であればこのメダルを他の台で打ち込んでくれる。

---スポンサーリンク---

まとめ

ホール側から言う台移動禁止の主な理由は、

不正やゴトへの配慮

店側の売上の都合

台移動自由の理由

競合との兼ね合い

客滞アップ

ここら辺を理解した上で冷静に立ち回るのは専業と言われる人にとっては当たり前の事ですが、たとえば一般ユーザーがより遊びやすくするためにと考えた場合もバカになりません。

その為に会員カードがあるならば作ったほうが得です。

その日の勝ち負けのみで考えずに長い目で見て冷静に判断していくのも長く遊ぶ為には少なからず必要な事だと言えると思います。

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

POSTED COMMENT

  1. […] 台移動自由が当たり前 なぜスロットの台移動禁止が多かったのか? […]

  2. 深緑の女魔術師です。

    古い記事にコメント失礼します。

    台移動できないホールはたしかに嫌いでしたが、
    そのおかげでゾーンが拾いやすかったので一概に害ではないと感じてました。

    記事にもありましたが、
    50枚未満をわざわざ流すひとがあまりいなくなるため、
    結果として変なゾーンが落ちやすい傾向だったため。

    売り上げ目線的にお門違いな意見かもですが、
    こんな時代に台移動を徹底してるホールは逆に期待しちゃいますね。

    台ごとの売り上げをしっかり計測してるのかな?
    って思ってしまうので移動禁止はやむ得ないと思ってました。
    (近場の割と有名ホールが最近まで禁止だったので・・・)

    打ち手からしたらすごい嫌だけど、
    計測時に数枚合わないとかチェックできますので、
    お互いのためだと思います。
    (移動できるホールでも一応店員に聴く人)

    逆に小汚いホールで台移動自由と言われると、
    売上管理がずぼらなホールだと思ってしまい逆に敬遠してたくらい。
    (一般ホールなら利益あってこそ利益還元なので、
    そーゆうのやってない=全体の利益でしか見てない的な・・・)

    っても、
    結果として各台の出玉は今時把握できるとおもうので、
    各台台の誰が何枚流したとかは不要なデータなんですかね。

    (最近は稼働を上げるために、
    台移動はもちろん、出玉共有も当たり前だったりするため・・・)

    良く分からないコメントゴメンなさい。

    別記事のコメントですが・・・

    >>パチンコ屋での写真撮影に関して SNSに上げる?晒す?ちょっと待った!よく考えて欲しい!
    >>https://anisloddt.com/2018/10/17/painkoyadenosyasinsatueinikansite-snsniagerusarasu/

    軍団はカスですがアップ者も論外だと思います。
    (スロ画像上げてる私がそもそもグレーゾーン・・・かもですが)

    最近だと取材とか言って撮影してたりとどうかと思います。
    (大物ライター取材で事前把握ならありですが、
    良く分からない三流取材でてきとー動画撮ってるのはどうかと思う)

    どのみちTwitterみたいなライトなネット層のモラルは問題だと思います。
    晒すことも大事かもだけど文章だけで良いと思います。

    画像を晒した時点で旅打ちでない限りみんなにマイナスなことです。
    (ホール、軍団、周りの客、そしてTwitterヌシの本人がそこに居たという事実)

    こっちも何コメントしてるのかわかんなくなっちゃいましたが、
    思ったことをてきとーに書いちゃいました。

    以上です。

    • DC より:

      深緑の女魔術師さん、コメントありがとうございます( ^ω^ )

      打ち手からしたらすごい嫌だけど、計測時に数枚合わないとかチェックできますので、お互いのためだと思います。
      (移動できるホールでも一応店員に聴く人)

      >>ここの部分に関しては、ゴトやメダルの持込みに対しての対策、誤差などが発生した場合はどこにどれだけの誤差が発生しているのか割り出すのが比較的容易である事が起因しています。
      ただ近年は、非等価になっている地域が増え、業界全体がユーザーのニーズに歩み寄る事が当然になってきています。

      地域一番店であれば必要ないかもしれませんが、競合店舗がそうなれば考慮しなくてはならない事になるのでこれも時代の流れかと思います。

      軍団はカスですがアップ者も論外だと思います。(スロ画像上げてる私がそもそもグレーゾーン・・・かもですが)
      画像を晒した時点で旅打ちでない限りみんなにマイナスなことです。(ホール、軍団、周りの客、そしてTwitterヌシの本人がそこに居たという事実)

      >>ここは実際法的に問題になる事がそう多くない無い部分なので、最低限のマナーとして考えてもらいたいと感じ、記事にした次第です。

      スロ画像もそうですが、権利者の出方や考え方次第なのでグレーではありますねw(私もそうですw)
      ただ自身が好きで打っているものだし、そこに愛着が存在するものだと思うので、理解してもらえたら良いかなと思っています。

      実際お店というのは、負けてもらうことによって利益を上げるためネガティヴな感情を抱かれることになり、批判を受けやすいと言えます。
      仕方の無い事なのかもしれませんが、晒す事により共感を得て攻撃するという事が多いのでそこは違和感を感じる事が多いです。
      逆に良い事は良いと言われる事が少ないですよね。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。