裏話

パチンコ店のスロットの設定投入 どんなデータに設定を投入するのか?時代の流れから見る変化

今回は、タイトル通りどんなデータに投入するか?というものをテーマに記事を進めていきたいと思います。

元より設定の投入というのは、大体各担当者毎にクセがあるものです。
大体というのは読まれないように無作為に決めるような人も居るでしょうし、実際私も自分がやるときは2~3台の候補で迷った挙句、直感で決めることも多いからです。

例えば今回のような話をするに当たって、これが分かって絞れるんだったら台取って稼げば良いんじゃないの?
と思う方もいるかもしれません。

これはまあ下らない矜持だと思う人も居るかもしれませんが、私は業界の人間として打ち子や引き子は絶対に使いたくないというのがあります。
あくまで遊びの範疇という認識で居るからです。

いくら使いそうなデータの台を絞れると言っても、ガチで毎日データを取っている専業層には太刀打ち出来ません。
さらに絞れても2~3台程度。状況によっては完全に絞れるかもしれませんが、抽選の壁があります。
ピンで挑んだところで蹴られて終了ですw

必ずしも当てはまる事ではありませんし参考程度にしてもらいたいですが、
意図を掴めると見えてくる傾向なんかもあるので、知って損は無いと言えます。

では本題にいきます。

基本的に言われる意図

教える事自体にどういう意図があってかの真意はわかりませんが、私が上から教えられたのは・・・・・

基本的に設定を投入する台は短いスパン(3日くらい)のデータで打ち込みの一番少ない台に使う。

という事。

例えば、

台番打ち込み枚数当日打ち込み枚数前日打ち込み枚数2日前
1番台180002525500065500073
2番台300042600074600065
3番台8000107120002010200001820
4番台120001715200002827300051
5番台100001210120001514220003026

こんなマイジャグ3のデータがあったとします。

まあわかりやすいよう数字を設定してはありますが・・・・・
この例で言うと、明日は2番台に入れるかという事になります。

稼動というのは出来る限り全体を動かしたいと考えるものです。
元々どこの店を見ても、角台というのはかなり打たれやすい場所。

角台は居心地良いし、なんだか安心感を感じますよね。飲食店や他のお店、電車など無意識に壁際や窓際の席を選ぶ人は多いのではないでしょうか?
人間心理学的に言うと角の席、つまり見晴らしの良い席を選ぶのは自己防衛本能の表れだと言われます。
見晴らしが良く全体が把握でき視野が広くなる環境に居る方が、外敵から身を守るという自己防衛本能上、安心感を得られるからです。

また、人にはそれぞれパーソナルスペースが存在します。他人に侵されると不快に感じる距離感。
近しい人間や好意を寄せる人間であるほどその距離は縮まります。

これは角であれば自身のパーソナルスペースを構築しやすい。

故に角に座れば居心地・安心感の双方が得られるので選んでしまうのは本能的なものです。

今更取り立てて言う程の理論ではないくらい認識している人は多い事かと思います。

常に角や角2ばかり設定を使っていては他の台は出ないというイメージが定着してしまう。
それを考慮すると、満遍なく動かすというのが理に適ってくるわけです。

ではそれを実現していくにはどうするか?
稼動していない台に設定を投入して満遍なく稼動するようにしていく。
ということになります。

これは言わば最もオーソドックスなやり方なわけで、昔から言われるクセというかデータの読み方です。
馴染が無いと感じた人は意図も含めて覚えておくと損は無いと思います。

---スポンサーリンク---

時代の変化と共に変わる傾向

元々、こういった意図を知っているので台選びに生かす事はありますが、通用しない場面は昔に比べると多くなった。
というか、クセによる投入傾向の方が強く見えるようになったと言った方が正しい。

角と角2しか使わない。角や角2には使わない。などなど、逆にデータを無視して場所のみで判断する方が経験上は精度が高くなっている傾向があります。

島図から読み取る投入場所

このへんを把握しておくとクセを見抜きやすくなったり、新たな意図の発見に役立つと思います。

後は、4号機~5号機中期あたりまでと比べると、高設定の純粋な据え置き・高設定の不発を据え置くケースはほとんどと言って良いほど無くなりましたね。
それをわかってか、たとえメイン機種でも前日明らかに上のデータは座られない。座ってもお察しの結果ですw
逆に分かりやすくて良いと言えば良いですけどね。

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。