スタッフの業務

パチンコ店のホールスタッフあるある!? 新台入替トラブル編

どんな職種・業種でもなにかしらの苦労というのは付き物です。
パチ屋においても多少なりとも存在します。

基本的に新機種が登場となるどこの店でも行う新台入替。大体月に2回くらいの店舗が多いですかね。
一言に新台入替と言ってもユーザーの目には映らない苦労がありますw
今回はそんな新台入替にスポットを当てていきます。

具体的に何をやるのか?

ザックリと挙げていきます。

  • 撤去台のシリンダーを流通シリンダーに戻し、外して搬出。台倉庫に運ぶ。


流通シリンダー(メーカーシリンダー)というのは、納品時に付いているシリンダー。基本的にどのメーカーの台も流通シリンダーの名の通り、流通キーで開ける事が出来ます。
流通キーなんてものはちょっと業界に知り合いが居るだけでも簡単に手に入ってしまいます。
なので、ハウスシリンダーとハウスキーを用意して自店の鍵を持つものしか台を開けられないようにします。

  • パチンコは傾斜器を使用し、木枠を電気ドリルと釘で設置。その後に本体を載せ配線関係の接続。
    スロットはそのまま台をはめ込み、配線、同様に設置。動作確認


新台に関しては基本的に買ったメーカーや販社の担当者・及び手配を受けた業者が設置します。
ただしユニバは私の会社では来た事が無い。のでユニバの台は自分達で設置。台の移動が伴わないというのはまず無いので移動する台はすべて自分達で行います。

  • 台周りの備品の差し替えとデータ確認


ハウスシリンダーに交換・灰皿カバー・台説明POP・椅子カバー・新台札やフラッグ・データの確認などなど。
これが一番細かくて多いですね。
床や壁の装飾は自店でやるものもあるにはありますが、基本的に業者が入って行う。

書いてみると作業自体多くはないですが、やってみると意外と時間はかかります。
特に通路が広い店は台を置いておけるスペースがあるので、ゴチャつかないのでスムーズにいきますが、そうでない店は移動台の移動先がとっ散らかっていたり台数が多いとゴタゴタする。
取り掛かる人数によりますが、時間的に言うと台の移動に正味7~8分程でしょうか。
~~~円/台設置ということで設置自体を業者に頼むことも出来ます。

---スポンサーリンク---

どんどんエスカレートする台の重さ


最近取り沙汰されたりもしましたが、この台の重さがかなりのもの。
ガロ~ゴールドストーム翔~が今は最高ですがこれは一人で持てないくらい重い。(65kgくらい)
成人男性一人くらいですねw
これを持って60~70mの移動、多層階だとフロアの昇降もあるのでそれ以上にもなります。腰やっちゃいますよw
まあこのガロは万が一壊してしまったらマズイので二人がかりで作業に当たりましたが・・・・・

一般的なパチンコ台は30㎏ないくらいでしょうか。

スロットに関してはメーカーの筐体の種類により異なります。

引用元 A-SLOTスタッフブログ

機種問わず、筐体の種類で大体同じくらいです。

現在設置されているので代表的なのは、

    • 一番重いユニバのプロジェクションマッピング筐体の50㎏。
    • オリンピアのアタックビジョン筐体48㎏
    • ユニバの筐体全種40㎏強

個人的な所感はアタックビジョン筐体は確かに重いですが、重さが台の中心に集約されているのでそこまで重いとは感じませんかね。
あえて言うなら本体が凸凹しているので手に食い込んで痛いし持ちづらい。
問題はユニバの筐体全般。振動スピーカーと鉄板のような箱・扉側に基板がついている点で重心のバランスが悪いので酷く重く感じますw

重さ的には成人女性~男子中高生くらい。

女性をお姫様抱っこして移動するなら張り切りますがww
Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

冗談はさておき、1台やそこらなんてことはありませんが現場系の仕事で毎日やっているわけではないので、これを20台でもやればもう筋肉痛は確実。
(個人的には筋肉痛が1日空いて来る日が訪れるのではないかとハラハラしていますw)
最近なんかはジャグラーやヤマサの筐体なんか30㎏以上はあるのにとても軽く感じるくらいに感覚が麻痺していますw

---スポンサーリンク---

どこの店舗でも一度はあるだろう事態

・台電源の電圧を間違える。

通常のコンセントの電圧は100Vですがパチンコ全般とスロットの一部は規格電圧が24Vです。
そのため、24V規格の台は変圧器(トランス)を経由して電源を取ります。
100V規格の台をトランスを通して電源を入れても入らないだけで済みますが・・・・・
24V規格の台を100Vで立ち上げてしまうと、台が壊れます。

これがわかっていてもやってしまうスタッフも居るし、業者でも間違えてしまい台を飛ばしてしまったという事例があります。
解決法はありますが・・・・・ここでは一応控えておきますw
(電気関係にそこそこ詳しい方ならなんとなくわかると思います)

・撤去台の釘を抜くときに釘が折れる。

これがまた厄介な事態。釘の頭が滑ってしまうのも同様ですが、途中で釘が折れてしまうと台を島に打ちこんでいる釘が抜けない。つまりは台を島から抜けないんです。

ではどうするか?強引に引き抜けるレベルならパワープレイでオーケーですが、大体無理。
そうなると台の釘周りの部分を工具でくり貫き、突起部分を折るか金槌で島に叩いて埋める事になります。
これは30~40分くらいかかるのでかなりの時間ロスになります。
最近では鉄板のような筐体も多くあるので、それで折れてしまったとなるとゾッとしますww

・シリンダーを交換しているときにシリンダーなしの状態で扉が閉まってしまう。

これも厄介な事態。シリンダーが無いのでバールでこじ開けるか、裏の自動補給のノズル差込口から扉の竿を動かすしかありません。

バールでこじ開けたらもう使い物にならなくなるので、裏から開けることになるわけですが・・・・・
壁島だったらもう大変。。島の中に入ってよく見えないし狭い中開けなければなりません。

ココをいじって竿を動かす。

店舗や入替台数によっては夜通し作業でそのまま朝から出勤という具合になる場合もあるのでゲッソリすることもしばしばですw
話せるスタッフが居るようであれば、労いの言葉をかけてあげると仲良くなれるかもしれませんね。
仲良くなると思わぬメリットがある可能性もあります。

店員と仲良くなる方法とメリット

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。