裏話

パチンコ店の裏話 専業や軍団へのホールの見方2

前回が以外にも長くなってしまったので、分けました。
今回は続きです。

前回はこちら → 専業や軍団へのホールの見方

有効な対策


対策を行うなら、元より断たねば後から後から問題が発生してくるので、
現状では、アイランド秋葉原が行っている、顔認証システムによる入場抽選が何より有効な対策になると考えられます。

しかし聞くところによると、導入に100万近くの費用がかかるという話なので、
相応の集客の見込みが無ければ導入に踏み切るのは難しいですね。

後から後から問題が発生してくると言うのは、
二重抽選防止や不正防止などの施策を行っても、軍団などは何かしら網の目をかいくぐる方法を考えて実行してきます。
またマナーの悪い輩というのはどこにでも存在するもので、普段行う管理がモノを言う事になる。
そういったことを運用するにもマンパワーが必要不可欠。
人員配置を増やしたり、またそういった対応に当たる人間も経験が豊富で無いと対処には当たれません。

---スポンサーリンク---

では現実的に実行できる事は?


平日は中間設定で流す。

軍団や専業の活動の核は平日の稼動が基本。
平日は一般客も少ない傾向にあるので、そういった日はいれても4くらいの中間設定で流す。
土日の一般客が多く来店する日にしっかり玉を見せるようにする。

流出する玉を極力抑えるようなイメージ。
中間しかないとなると、自然と軍団の足も遠のく可能性があるので、有効ではあるかもしれません。

これはあくまで私が実際に足を運んで見た経験内での話しですが、最近はこんな対策を取る店舗は増えつつある気はします。

確かに排除に一定の効果はあると思いますが、全体の稼動アップという面では弱くなる。
気長に続ける必要もあるので時間もかかります。

固めて入れない。投入をサブ以下の機種にする。

固めて入れないのはまあ基本です。
全台系の与えるインパクトは大きいものですが、他のコーナーや機種の大きな負担になる。
大して稼動が強くない日にやるとなると間違いなく他は使えません。

サブ以下の機種にするとなると、要はユーザー全般のニーズをハズすという事。
あくまで今のメインになり得るのは旧基準機や番長・星矢、ジャグラーやアクロス系。
となると、ハズして5.5号機にということになるんですが、まあ朝からこういった機種に走る人は元々好きな人なわけで。

元の客層がバラエティーを好むような層が多いような店舗ならば(過疎店に多い)まだ効果はあるかもしれませんが、
基本的に軍団や専業は立ち回り自体、一般ユーザーよりも上手いプラス出せれば機種は問わないので、
下手をすると逆効果になる可能性も考えられる。

---スポンサーリンク---

できる範囲で対策して我慢する


現状、対策として動いているのかなという店舗は私が実際に見た範囲でですが見える部分はあります。
ただ、やはり立ち回りが上手い人が有利なのは間違いなく事実です。

軍団や専業に玉が流出するのは別に今始まったことではなく、昔からあることです。
機械性能の低下・魅力ある新台・遊技人口の減少、これに起因している、
流出してしまったとしても、リカバリーの効く玉の絶対値が昔に比べて少なくなっている。

一定の集客が期待出来るくらいに育てられるまでは、できる範囲で対策しながらうまく付き合っていくしかないと考えているのが現状なのだと思います。

まああくまで、ここまで客観的に書いてきたわけですが、私個人としての意見もそうです。

上司もこのような考えであるから現状だと思いますし、
ユーザーの立場から言っても、こんな事は今に始まった事でもない。
目に見える不正があればさすがに見過ごしはしませんけど。
しかし、抽選の方法から対策を施さねばモグラ叩きのような芽潰しになるだけなのがわかっている。

こんな事を言っていると、私が現場で諦めて何もしていないように思われるかもしれませんが、
まあ無駄に見回りなどやってたりしますw
毅然とした対処はするので、気軽にどうこうできる様な雰囲気では無くしてはいます。
もちろん、不正が無いよう目を光らせますし、発見したら許しません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 参加中

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。