裏話

パチンコ店ホールスタッフあるある!?店内マイクでの失敗談

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 1クリックお願いします

5号機世代のユーザーには馴染みがあまり無いかもしれませんが、4号機時代は店内のマイクパフォーマンスが盛んに行われていました。
今回はそんな中、1度だけですがやっちまった経験をお話します。

今は無きマイクパフォーマンス

いつからでしょうか?いつの間にかパチ屋のホールスタッフによるマイクパフォーマンスが消えたのは。

射幸心を煽ってはいけないと強く言われ始めたのは5号機中期の前辺りからだったかな・・。
新鬼武者が出てくる前あたりからだったかな・・。
設定を示唆するようなことは一切禁止と具体的に指摘され、店内放送で煽るような事が出来なくなりました。

そして、広告宣伝規制で止めを刺され、事実上、必要事項を知らせる以外に店内放送の存在価値がなくなった。

4号機時代はワイヤレスマイクをポケットに常に入れて持ち歩いていました。
知らない人にとったら想像もつかないかもしれないけど、当たりや~~枚突破などを放送してホールの雰囲気を盛り上げて、
オススメコーナーや確定コーナーなど、お知らせしたものです。

今から考えると、あり得ないとしか思えないですけどねw


ワイヤレスマイクはちょうどこんな感じ

今はイヤホンや耳栓で騒音をシャットアウトしているユーザーがかなり多く見受けられる。
別にやる必要性も皆無だけど、今やったら、

「うるせぇ!!」

みたいなクレームが上がってきそうですw

---スポンサーリンク---

あり得ない失敗

そんなまだ店内放送の煽りが存在した頃。
私は早番で休憩回しをしていました。

 私の勤める店舗は勤務開始前に担当ポジションを決める。
  • カウンター
  • 1島
  • 2島
  • 3島
  • フリー

まあこんな感じで担当島が決まっており、休憩を回していく段階で抜けた場所にフリーの人間がフォローに入る。
カウンターに関しては女性スタッフにフォローに入ってもらうため、抜けた島に入るという形です。

休憩回しは基本フリーで現場を回す社員です。他は皆アルバイトのスタッフ。

1島の担当者にインカム(無線機)で休憩どうぞとの旨を伝え、フォローに入る。
インカムのやり取りはこんな感じ。

別になんてことはないやり取り。
しかし、ここで私はとんでもない失敗をしてしまったのです。

「DC了解しました。」
「たぁぁぁ」

「たぁぁ」

「たぁ・・」

見ての通り、店内マイクでインカムを返すwww

全スタッフが目を丸くし

かなりのお客様がキョロキョロしてこちらを見る

恥ずかしくて、なんの弁解も出来るはずも無く、思わず、

休憩所に逃げましたwww

---スポンサーリンク---

やりそうでやらない

この失敗ってやりそうでやらない。
常にポケットにマイクが入っているからといっても、マイクは横についているボタンを押しながらでないと音声は入らないわけです。

この時はあまりにも無意識だったため、気が付いたら自分の声が店内に響き渡っていましたw

休憩所に行くにはカウンターの前を通らなければならないんですが、カウンターのスタッフ曰く、

「顔真っ赤っ赤でしたよwww」

との事。

やりそうな失敗だけど、まあそんな事あるわけないじゃん!
なんて自分では思っていたことだけど、まさか自分がやるとは夢にも思いませんでしたw
業界の中では当時としては多分、あるあるな失敗だと思う。(そうであって欲しいw)

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。