体験談

出玉の盗難発生!保障は?

ホールで仕事をしていると、嫌が応にも色々なトラブルが発生するものです。
私が勤務しているのは平和な地域なのでそう多くトラブルに遭遇したと言うわけでもないと思います。今回は実際に起こったトラブルと対応について書いてみます。

遅番勤務時に起こった出玉盗難

時代はバリバリの4号機時代。夜の稼動は8割にも上る。当時自動補給システムを導入している店舗は少なく、私の勤務している店舗も手補給であるため、稼動がピークになる19~20時くらいはサンドと台との補給に大忙し。当時まだまだペーペーの私もホールで駆け回っていた。

その日は私は休憩回しで空く穴を埋める役だった。担当者が休憩になるのでそのポジションのフォローに入る。するとすぐ、一人の特徴の無い20代半ばくらいのお客様が話しかけてきた。

「すみません。席に戻ってきたら、出玉が無くなってるんですけど・・。」

言われて一緒に席まで行って見てみる。確かにその人の台の上に1箱あったのは私も見覚えがあった。

「今確認をとってみますので、少々お待ち下さい。」
ひとまずそう伝える。今でこそ自分が対応する側になったが、当時はこういった場合どう対処するべきかなどわからなかった。
この人の言う話では、15分程席を離れ、戻ってきたら出玉が無くなっていたとの事。
お金の関わる事は対応前に相談・報告、そうでない事は事後でも構わないが報告は怠るなと言われていたので、この場合は前者に当たるので時間帯責任者に事務所に相談に向かった。

上司に事を伝えると、まずは防犯カメラの映像を確認。
すると、その人とは違う40歳前後の男が件の人の箱を流し、交換して出て行ったのが映っていた。

私は内心、

「えっ!こんなこといくらなんでもあり得るの!?」

と実際起こってはいるが、信じられなかった。

上司 「言ってきた方は?」

私 「今、カウンターで待ってもらっています。」

上司 「わかった。ちょっと行ってくるから、ホールに戻って良いよ。」

私 「わかりますた。」

この後、上司はその方と話し、その方は退店。対応終了後呼ばれ、

「交換されたのは事実。この場合は交換した人間とグルの可能性もある。だからこういった出玉の盗難は保障は出来ない。覚えておいて。」

そう言われた。

---スポンサーリンク---

グルでない証明はほぼ不可能


こういった状況でグルではない事を証明し、保障を求めるのは不可能と言って良いと思います。

仮に保障をすると・・交換した枚数をもう一度余分に交換するため、誤差メダルが発生する。つまりはそのメダル分だけ店が損をすることになる。
日報にデータとして上がってくるので、店長はこの誤差メダルを会社に報告せねばならない。
報告をした際に何も思われなければ良いが、そうはいかない。
あいつはホール内の管理もロクに出来ないと評価されたり、さらには不正の疑いまで持たれる事もある。

本当に盗難だった場合は心苦しい限りです。だが、出玉とはいえ店から言ってしまうと、荷物の置き引きと同じ。結局は自身の荷物を自身で管理してもらうのと同じ感覚で注意を払って管理してもらうしかない。従業員が盗ったとなると別ですが、荷物をあんたの店で盗まれたから弁償しろとなっても弁償出来ないのと同じです。

例外になるとしたら、休憩に出てその際に店側から出玉などの保全を担保すると約束出来ている状態でこのような事態が発生したら、保障を受けられる可能性はあるが、このような場合は休憩札の発行などで手を打っているので、ほぼこのような事態は発生しないでしょう。

しかし有事の際には一般的な店であれば、協力は惜しまないと思う。私もそうします。

例えば、被害届を出して盗った人間の面を店で共有し、次回来店時に弁償させる。このような対応をするよう言えば、やらない店はありません。

 

私自身もどんなに治安の悪そうな地域や場所で打っていても今回のような事態になった事はありませんし、知人でもいません。
意外とありそうな事柄ではありますが、これだけ勤めてきてもこのような事例はこの一件だけ。真実は未だにわからないが、やはりグルだっただけなのかと思っています。

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。