旧基準機・5.5号機・5.9号機、イベント、平常時問わず、設定を入れる場所の位置関係の法則

おはようございます、DCです。

先日、わずかな時間ですが今年初の夏祭りに行ってきました。
色々やらねばならない事が溜まってきていますが、この祭りに友人夫婦と行くのは毎年の恒例行事なので欠かせないのです。

夏祭り・縁日と言ったらなんといっても屋台ですね。

私が子供の頃に比べると食べ物の値段も高いし、屋台の中身も違って時代を感じます。
初詣の時もそうでしたが、子供の頃は綿飴くらいしか買ってもらえなかった記憶がある。

紐をひっぱって景品がもらえる千本引きやくじ引きだとか、並べてある景品に釣られて、いつもやりたい!とせがんでいました。

今でこそ本当に思うけど、これって無駄以外の何者でもないですよねw
しかし子供の好奇心にそんなのは関係ないし当たると思っている。そもそも当たりの景品が当たるようになっていないとかも言われます。

祭りを楽しむというのも目的ではあるけど、一番の目的はこの友人夫婦の子供。
幼稚園に上がりたての女の子なんですがこの子がもう可愛くてw

懐いて欲しくてちょいちょい顔を合わせる努力をしているので、私個人のことは憶えてくれている。
しかしどうも男の人が苦手のようでなかなか心の壁が厚いw

子供の気持ちを尊重してあげるべきだと思うので無理に仲良くなろうとはしていません。
なので今までもグイグイ前に出るような事はしなかったんです。

しかしなんと!
この日は友人夫婦と手を繋いでいたその子が・・・・・

手を繋ぐために寄ってきて手を差し出してきてくれたのです!

あまりにも唐突の出来事で何が起こったのかわからなかったけど、


なんて嬉しい事だろうか!

あぶねぇ、あぶねぇ。可愛すぎて思わずかぶりついちゃうところだったぜww

人見知りで緊張しているのか・・・はしゃがないけど、いつも優しく接しているつもりなのでそれが伝わっているのかな?
なんていじらしいのか!
何をどう考えてというのはわからないのでなんとも言えないけどきっと優しい子なんだと思います。

将来、ハイヒールをプレゼントしてカカトの部分でグリグリ踏んでもらう夢に一歩近づいた。

ただの変態ドM野郎ww

ともかく格別の癒しの時間を過ごさせてもらえました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中です。
1クリックよろしくお願いします!(`・ω・´)ゞビシッ!!

設定配置の法則性

少々前置きが長くなりましたが・・・・・
今回は、設定を投入する際の基本的な配置の仕方について解説してみたいと思います。

まず配置するに当たってほぼやらない事。
それは・・・・・

投入した対面には配置しない

10台のボックス島の図を使って説明

この図の右側を島の入口とする。左側は他の機種。

この場合、こうして

横に並べる事はあっても、

こう対面に使う事はほとんどありません。

何故かと言うと・・・・・

良い画像が無いので、目を瞑って想像して下さい。

①番

10台島の両島3番目の台、
それぞれ2箱、3箱積んでいます。

島の右側からやってきた場合、左側からやってきた場合、正面からやってきた場合をすべて想像してみて下さい。

②番

10台島の右角2の台が3箱、
左の島の3番目が2箱積んでいます。

島の右側からやってきた場合、左側からやってきた場合、正面からやってきた場合をすべて想像してみて下さい。

①番と②番を比べて想像した場合、①番の島の対面同士はやはり見栄えが悪いんです。

私もユーザーとしてホールに足を運びますが、なんだかんだ言ってやはり角~角3に設定を使う店が多い印象です。
想像してみてもらえばわかりますが、単純に見栄えの問題です。

島のどちら側から入ってきても角~角3はまず目に入ってくる位置なんですよね。
そのまず目に飛び込んでくる光景がやはり一番印象としてはインパクトがあります。

そしてこの図に限らずともインパクトが強くなりやすいのが・・・・・

両角が強い場合。想像してみて下さい。
そしてさっきと比べてみて出てるなぁというインパクトが強いのはやはり両角が強い場合だと思います。
それだけ最初に目に飛び込んでくる光景は重要なものです。

故に、角や角2が強い店というのは無数に存在しますが・・・・・島の真ん中がいつも強いなんて店はあまり聞かないし、多くはありません。
逆に、終日7~8割稼動しているくらいの繁盛店であればそんな事も関係なくなってきますが、そんな店はごく一部の話です。

ズラして配置が基本

先程の説明通り、こうではなく

こう

これは上下の機種が違っても同じ。

機種を色分けしました。


まあ位置関係は対面でなければ良いんですが、1台くらいは離れていた方が見栄えは良いですね。

100%なんて言い切るつもりはありません。あくまでセオリーというか、一般論です。

例外ももちろん存在しますが、投入の位置関係は見栄えに直結するので大事なんです。
設定をバンバン使って玉を見せられれば良いですが、使うと言っても限りがあります。

その限られた中で効果的にどう魅せていくかというのも設定師や担当者の腕の見せ所ですね。
(ちゃんと設定を使える場合に限るw)

これを憶えておけば、位置関係的にどこが誤爆の可能性が高いか?どこにどう配置しているか?
というのが多少なりとも見抜く精度が高まるため、癖の判断もしやすくなってきますね。

ぜひとも役立ててください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。