裏話

パチンコ店のスロット設定 イベント日以外の狙い目とは?

スロットユーザーであれば打ちたいと思うのは設定の投入されている台ですね。
やはりスロットにおける究極の楽しみは高設定に座り、出すべくして出し勝利を収める。

今回はその中の、何時使われやすいのかという部分に焦点を当てて書いていきたいと思います。

その前に前提として頭に入れておいて欲しいと思うことがあります。
各店舗の担当者によってクセややり方が異なる事。
今は時代の切り替わりに当たる時期であるため、当てはまらないことも多々あるかもしれません。
昔ながらに言われる基本的な見方に関しての話です。
ただそれでも憶えておいて損は無いかなと思う事ではあるので、読んで頂けたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 参加中
1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

3大回収期


もう今やユーザーの間では常識ともいえる3大回収期。

  • 年末年始
  • ゴールデンウィーク
  • お盆

まあここはパチ屋だけでなく、ほとんどのサービス業全般に言える書き入れ時と言えるでしょう。

多くの人が休みであり、多くの人がパチ屋にも足を運ぶと思います。
普段の土日は家族サービスが多い人でも大型連休であれば1日くらい足を運ぶ事もあるでしょう。

基本的にこの回収期は不動であり、最も客数が多くなるのは否めない事実です。
近年業界も変わったなぁと思うのが・・・・・
こんな3大回収期と言われる時期の中でも少なくとも1日くらいは玉を見せる日を作るホールが多いという部分。

近年、よく見られる土日にイベントを打って集客。玉をうまく見せながら利益を取る。
それと同じ理屈です。多くの人が来店する時に玉を見せることで店の信頼を得る。

近年では平日に玉出しをしても平日の一般ユーザーの数は年々少なくなってきているというのがあり・・・
無駄玉になるのも少なくありません。

そういう意味で考えると実に効率的。


ただ、セオリーとして注目すべきはこの時期の前後1週間程。

回収期前は期待を煽るために玉を見せておくのは言わばセオリーです。
見せておくのとおかないのではユーザーの印象も期待感も違ってきます。

前にサミット開催などで神奈川では入替自粛の時期などがありましたが、
そういった時期も絆に6を複数投入などで玉を見せていた事が自店でもありました。

この例もそうですし、毎度回収期前は魅せどころで、投入しやすくなるのは事実です。

そして、回収期後は一気に稼動が垂れる傾向が強いです。
新台入替で稼動の谷を作らないよう手を打つのはもちろん、しっかり回収期で利益を確保して明けの週のどこかに還元日を作るのはこれまたセオリーです。
個人的に狙い目だと思うのは連休明けの次の日です。

特に私の上司なんかはこの明けはよく狙いに行っていますねw
私ももちろん狙いに行く事は多いです。
こんなデータだけど実は・・・というのは結構多いんですよねw

上記の事と同様に、一般的にある祭日を絡めた3連休。

この連休明けの次の日も強い狙い目と言えます。
ここも稼動が垂れやすくなるため新台なりでその谷を埋める努力をするのが一般的。

特にこの連休明けや回収期明け、常連客向けに設定を使う店は私は優良店だと考えています。
ここはそういった店のスタンスが大いに出る部分です。
ただ元より回収期や連休中に利益を確保出来ていなければ不可能なのはまあそうです。

もちろんどこの店舗でも言えるような事ではないので、冷静に自身の目で確認してもらいたいと思います。

---スポンサーリンク---

イベントと店の信頼


基本的に何かしらのイベントを打つ・旧イベント日に還元するとなると一見やイベント日のみ流れてくる流動的な客層が増える。
そんな事はホールも承知です。
よくイベント日に回収して常連に還元しろという声を見かけますが、実際ホールもそうしたいのはヤマヤマなんです。

しかしそういったイベント日は流動的な客層だけでなく、同じく常連客や常に通ってくれている客層も同様に来てくれるので、そう簡単にガセというわけにもいかない。
(利益をしっかり取れていなければガセとなるのは言うまでもありません)

パチ屋というのは店と客の間に見えない信頼関係で成り立っているものです。
例えば、今は射幸心を煽る行為として設定示唆や設定発表は出来ません。(細かい示唆などはこの際別にして)
私もユーザーでもあるのでよくわかりますが、客としては設定を使ってくれるかもしれないという期待や薄かろうとも信頼がその店に対し確かに存在するから足を運びます。

data-ad-slot=”9544949855″>

では、その信頼や期待はどこから来るかと言ったら一番信頼を寄せるのはやはり過去の実績です。
おいそれと何度もイベント日にガセばかりを連発すると稼動がどんどん縮小していきます。
それは流動的な客層も常連客も一様です。
最終的にはどうなるかと言ったら、何をしようとも信頼してもらえなくなる。
そうなるとリニューアルなどの大きなキッカケ作り以外にテコ入れの方法がなくなってしまう。

人間関係に例えるとよくわかります。

人に嘘を連発して騙されたとしたら、もうその人は信用出来なくなると思います。
たとえ本当のことを言っていたとしても信じるのは難しい。
いつも嘘ばかりついている人とは距離をとっていく事と思います。

その信用を回復するには並大抵の努力では回復できません。
同じことですね。

遊技人口の減少が加速しイベントが前面に出てくるまではこれがセオリーとして充分通用しました。
役職を任せてもらうようになり、そういった内情を知ってからは立ち回りに生かして遊ばせてもらいましたが、しかし、ここ最近は渋いかなという印象です。
ここらへんが時代を象徴しているなと感じる部分ではあります。
柔軟に対応している人は常に状況に合わせた立ち回りをするので、ホールでもプライベートでも感心しますし勉強になると日々思っています。

これからイベント規制が強化される可能性も高いですし、今と同じ状態がずっと続く事はありません。
そう考えた場合、このセオリーは知っていて損は無いと思います。
今でもこのセオリーが通用する店舗も少なくは無いのでデータだけでも見てみるといいかもしれませんね。

---スポンサーリンク---
お帰りはコチラでございます
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
1クリックよろしくお願いします
パチンコ屋役職の教える
実戦役立ち記事はコチラ
自慢(?)の
実話ネタ記事はコチラ
パチンコ屋の
裏話関連記事はコチラ

POSTED COMMENT

  1. より:

    はじめまして、最近DCさんのブログを発見して、過去の記事まで読み返しております。
    いろいろと参考にさせて頂き、楽しみながら読んでいます。

    稼動域も近く、どこかでお会いしているかもしれませんね。
    今後も頑張ってください。

    • DC より:

      陳さん、コメントありがとうございます!

      初めまして!参考出来るかどうかの保障は出来ないんですが・・・w
      立ち回りに生かしてもらえたら良いなと思いながら書いています。

      稼動地域が近いのであれば多分どこかでお会いしているでしょうねw
      そう言って頂けてとても嬉しいです。ありがとうございます( ^ω^ )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。