技術介入機の楽しみ

前回の続きです。

前回はこちら →名機の思い出とユーザーとしての希望(大花火)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 参加中
1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

初心者が経験してはならない結果

当時の私は、大学がすごくつまらなくてサボってはスロットを打つというダメ学生のお手本でしたw

当時の目押しのレベルは初心者も初心者。
何しろドンちゃんしか見えないw
バケを揃えるにしてもドンちゃんからタイミングを計ってアシストをフル活用でバケを揃えていたんです。
目押しを出来る人から言わせたら、その方が難しいとのことでしたがw

当然、小役奪取も分かっていないため、山なんかこぼしまくり。(さすがにチェリーは取ってましたが)

当たると妙にフラッシュしたり、予告音の発生も多いので、

1枚がけでとりあえずドンちゃん狙うみたいなw


バケなのに何回もドンちゃん狙うみたいなw

今考えると、ホント笑えるw

そんな中、地元の店舗でイベント日に指定台限定でBIG17回達成で設定6に変更というイベントがあった。
知っている人はあれですが、当時はこんなイベントは当たり前でなんでもアリ。
もちろんその指定台は設定1。そりゃそうです。
仮に突っ込みまくって6になったところでいくらなんでも捲れませんw

ある日、そのイベント日に一人で朝から突撃したのです。

で結果は・・・・・

約6300G
(ちなみに朝から21時過ぎくらいまでです。どれだけヘタクソだったかよくわかりますねw)

BB 41
RB 17

差枚で約15000超えの超大勝利を収めてしまったものだから、さあ大変!

今思うと、これが無ければここまでスロットにハマっていなかっただろうなと思います。
(割とマジで無かった方が良いと思ってますw)

大花火と言えば過去の話を聞く限り、設定1でも万枚だとか5000枚オーバーは結構あったという話でした。
そりゃそうです。設定1でも今のジャグラーの単独BIG確率とそう変わらない確率で抽選です。(1/431)
ジャグラーの1での誤爆なんて結構ザラなので、そう考えたら頷ける。

ちなみに、最近の自店での最大のAタイプの誤爆は・・・

クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~

設定1なのに、(閉店後確認しました)合算確率6ブッチ切り。REGも6並み。
ほとんど終日動いて、差枚で6000枚。
さすがに驚きましたw

こういう意味では、やっぱりデータというのは抽選の結果であって、
結果からの設定推測は所詮は目安なのだと思わざるを得ません。

左リールバービタ押しの難易度

大花火を知らない人は難易度の程がどんなものかわからないと思う。
当時のリールは今ほど見えやすいようにはなっていないし、一概には言えませんが・・・・・

  • サザンアイズの右リール上段青7ビタ
  • 忍魂(暁の章)のBIG中の黒バービタ押し

これと同じくらいだと思います。

ビタ押し自体は別に難しくもないんですが、サザンアイズのやりづらい所は上段にビタ押しの点。
上段だと思いの外やりづらい。
プライベートでは打ったことありませんが、閉店後の自店で1回チャレンジしてみたところ、成功率6割くらい。
多分慣れれば8割はなんとかいけそう。

サザンアイズのビタ押しと言えば・・・
私はスロットの動画はまず観ない人間なんですが、
ライターの中武一日二膳さんのこの目押しの動画。これはマジで凄い!!
動画は音が出てしまうかもしれないので、周囲の状況にご注意下さい。

引用 【公式】DMMぱちタウンch

このスピードで押せるのは神業ですw

忍魂は意外と知らない人が多いんですが、バーをビタ押しでなく、下段青7ビタ押しでも同じなので、
難易度が大分下がります。

まあ大花火の場合、200枚以上のロスがかかってくる場面もあるので、プレッシャーが凄いですw
個人的にはこんなヒリつく目押しをたまにはやりたいと思うんですけどね~w

技術介入機がもっとあって良いと思う

完全な技術介入機はサザンアイズの設定Cくらいなもので、今は全然ありませんね。

技術介入と呼ばれる獲得枚数を上げるための目押しが存在する機械はあるけど、
一回きり揃えるとかあんなもの技術介入のうちにも入らないと個人的には思っています。
(現行のハナビは通常時の小役奪取も重要なのでまた違いますが、HANABIも思い入れのある台なのでまたの機会に)

やはり、この目押しをミスったら、大幅に期待値が下がる。
これくらいの緊張感のある目押しを搭載した機械があっても良いんじゃないか?
と思っています。

不二子のようなスペックは2月以降は無理だけど・・・。
最近人気のコードギアスC.C。
あんな感じのRTでパンク要素を設けて、押し順回避で75%、ビタ押し回避で100%とか。

まあホールで使う側から言わせると、技術介入で大きく結果が違いすぎるものは実際使いづらい。
そういう意味で言ったら、ハナビは奇跡の1台と言っても良いくらいよく出来ていると思います。
やはりスロットにおいて目押しというのは楽しみの1つ。

ベテランスロッターの中には、ヒリつく緊張感の中で目押しをキメる楽しさも味わいたいなと思う人も少なくないんじゃないでしょうか?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。