ホールの清掃状況が良好な理由

ホールに足を運んでいてこう思ったことはないでしょうか?

「なんでこんなにもホールは清掃状況を気にするのか?」

台清掃もそう、トイレもそう、台回りなど、ホール内全般ものすごい早さで清掃を行う。

それはまあお客様の遊技環境を良好に保つのは当然だし、大切な事です。
何しろ、新人が入ったとしてまずは清掃作業から教えて仕込んでいく程。

何故なのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 参加中
応援の1クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

サービス業では当たり前


私は飲食業出身なので、トイレ掃除に関してはかなり口うるさく仕込まれました。

飲食店においてトイレというのは一番汚い場所。
それをキレイにするのは衛生面でも重要な事だし、
お客様を迎えるに当たっても一番汚い場所をきれいに保つのは欠かせない。

サービス業においてトイレの清掃状況というのはクリンリネスでは最重要視される場所。
一番汚れやすい場所なので、お客様を迎えるのであれば一番気を使うべき場所だという考えです。

国内の経営者では伝説的に語り継がれている、本田宗一郎さんや松下幸之助さんもこのトイレ掃除の重要性を説かれているのは有名な話。

まあこんな表の意味なんかは、会社や店舗などの事業所で指導したり、
清掃スタッフを配備して行うことです。

パチ屋における清掃の裏

パチンコ業界でコンサルタントがまず一番に見るのがクリンリネス。
表の意味での重要性は誰でもそれはそうだと考えるのはわかるでしょう。

裏の意味として、ゴトの予防という側面もある。

ゴト師は基本的には計画を立ててゴトを実行してくる。
それにはゴトの対象機種の場所だったり、人員の配置など下調べしてくる場合がほとんど。
それと同時にゴト師が見るやりやすい状況として判断するのはクリンリネスが行き届いているか否か。

クリンリネスが行き届いていない。
ということは、スタッフの目が行き届いていないに等しい。
つまりは、ゴト師にとったら、ゴトがやりやすい店だという認識になるわけです。

そのため、パチ屋では清掃と巡回を何よりも最初に指導する。

小売店なども同様


どれも経験は無いですが、コンビニやスーパー、アパレル店なども同様でしょう。

コンビニやスーパーなどはアルバイト経験者の話を聞くと、
商品が売れて歯抜けになった場所は品出しや前出しをするよう指導されると聞きます。

もちろん、商品が無いと機会損失となるので商品を切らさないというのは重要な事。

夕方のニュース番組で特集があったりしますが、万引き目的で来る人間も存在する。
売り場のコンディションを保つ事により、やりやすい店だという認識を持たせないためでもある。
(実際、ゴトもそうだけどどんな状況でもやる人間はやりますがw)

ゴト師は抜くためならば全国どこにでも行く

大体、新たなゴト手口が完成してその手口が出回ると、
ゴトグループが例えば九州地方から各店抜いて回り、北上していったりで順繰り回ってくる。

実際の抜く直接的な手口が違うものの、ある程度ゴト師の行動パターンは決まっています。
(挙げるのは好ましくないので伏せておきます)

最後にゴト師と言えば、もう15年くらい前ですか。知人のゴト師に関する逸話。

ゴト師を捕まえ、事務所に連れ込んだ時。

床に正座させw
警察に突き出されたくなければ財布を出せw
中身を抜いて追い出すw
こんなんは結構あったという話ですw

あとは、おじいちゃんのゴト師を捕まえた時、

「おじいちゃんさあ、なんでこんな事するの?犯罪だよ?」
『ええ~?何だって~?耳遠くて聞こえないんだよ~。』
「ったくもう。おじいちゃんなんか飲む~?」
『コーヒー!!』
「ジジイ聞こえてんじゃねえか!怒」

www

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。