機種オールの効果


イベント時によく見られる機種オール。

今やユーザーも非常に賢くなっている傾向が強いので、
ある程度は把握している部分はあると思うけど、
基本的にどんな狙いがあり、どんな効果があるのか?
その辺をまとめていこうと思います。

機種オールの最大のメリット


まず行う最大のメリットはやはりインパクト。

バラけさせて入れるよりもやはり目に飛び込んできた時のインパクトが違う。
例えば、4台散らして投入してそれぞれが出玉を持っているのと、4台並んで出玉を持っているのではやはり違う。
ここらへんの出玉感の感じ方は想像に難くない。

基本的に店のメイン機種となる機械は、導線上入り口に近いなり、人通りの多いメイン通路付近に設置される。
例えばメイン機種に投入した場合、来店した人はほぼすべての人がその光景を目にする事になる。
アピールとしては最大の効果と言えるでしょう。

まあメイン機種の場合は多台数抱えているのがほとんどなので、全台は島の一部が基本です。
相当な勝負所で絶大なインパクトを残したいくらいの理由が無い限りは本当に全台は出来るものではないですが。

メイン以外で投入した場合

メイン以外、例えば少数台導入機種・バラエティー向きの機種。
この場合は、アピール効果は薄れるものの、ある程度ターゲットを絞った還元が行える可能性が高くなる。

バラエティー向きの少数台機種であれば、普段触るのはその機種が好きで打つ人。
専業や軍団に食われる可能性は低くはなるし、普段の営業を支えてくれるような客層に絞りやすい。

すべてを軍団に占拠されてしまうとメインもサブ機種も同様に効果の薄い還元になってしまう。
オール投入の示唆の有無で狙いをブレさせるなど対策を行う傾向がある。

まあどんなに対策を打っても上手い人はやっぱり上手いので、
どうにもならない事は多いものなんですが・・・。

気になるのは全体の状況はどうなるか?

ハッキリ言って、全体で言ってしまうと全台投入をした時点で他は期待薄。

設置台数にもよりますが、

200台未満であれば、あとはAタイプに中間~上をチョボチョボ。

200~300台くらいであれば、上記+メインに使えるくらい。

300~500台くらいであれば、上記にさらにもう1機種~2機種くらい可能。

どこの割を割くかで調整していく事になるので、
例えばその日のAタイプは中間を最大値として流して、他に回す。
メインを中間・ダミーで濁して他に回す。
どこかを削って入れるような感覚。

これはもちろん稼動の強さで上下してきます。
強いのであればこれ以上に出来るし、弱いのであれば全台がある時点でベタ。

なんにしろ確実に取らねばならない利益額は決まっています。

例えば、理論上の想定額通りに設定を組んだとしても、想定額に届かないことはままある事。
弱気な配分になる事はハッキリ言って多い。

それまでの営業で予定通り取れているか?
ここはかなり影響してくる要素です。

もちろん一概に言えることではありませんが、なんにしろ全台系がある場合は、全体的には弱くなると思っておくべきです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 参加中

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。