大規模店リセット傾向考察

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 1クリックお願いします

今回は、大規模店のリセット傾向について考察していきます。
何故、大規模店か?
基本的に250台以下くらいのホールのリセット傾向に関しては、担当者の考え方次第でどうとでも変わるからです。

考察に当たって有効な事とは?

はっきり言って、確定的なことは言えません。
店舗の担当者の考え方次第です。

しかし、私もこんな一言で終わらせるつもりはありません。
タイプ的には以下に分けられます。

  • イベントのみ全リセ(基本は)、あとは必要のある台のみ
  • 全リセ(基本)
  • イベントも平常も必要のある台のみ

基本と書いたのは、5.5号機は恩恵や天井短縮が搭載されている機械が多いためで、旧基準で言うと凱旋などもこれに当たります。
リセットした方が甘くなるのにわざわざ甘くするというのは今は考えづらい。
この遊技人口が減少しこれからも稼動低下が懸念されている状況では、取るべき時に利益を取っておかないと、出したい時に出せません。

ただそれを使ってメイン機種だからや育てていきたい機種だから、早い時間からの稼動を集めたいという意図はあるかもしれない。
こういった意図がある場合は、データや出玉状況をチェックすれば本気でそうかの裏は取れるのではないでしょうか。

中規模~大規模店の場合

現実的な話、設定変更の業務は250台くらいなら一人で十分対応可能だが、300台あたりを越えると設定変更担当者が2人になる可能性が高くなる。
知人のホールでは300弱でも2人体制で行うし、同じくらいでも1人の場合もあると聞く。
300くらいなら1人でもなんとかなるが、400や500ともなるとかなり時間がかかる。

ただ設定は最高機密情報なので、知っている人間は少ないに越した事はない。
1人でも必要な台だけ設定変更すれば、500規模でも40~50分で済む。
ただそうなると、全リセをわざわざかけるのは考えづらい。
台数が多ければ多いほどに法人自体も大きい傾向があり、システム化しているので、あまり余計な手間は平常時にかけるのは考えづらいです。

大規模店のリセットの傾向を読み取るには

大規模店の場合、手間をかけられるのはせいぜい1~2機種程度。
絆を例にとると、40台を全リセして全台高確落としするのは考えづらい。

必要な台だけ設定変更して高確落としなどをするのが効率的なのでほぼこれに当たるでしょう。

なので、大規模店で打つ場合は据え置きの可能性が高まったら、設定は無いと可能性が高い。

あとは規模不問で機種にもよりますが、前日の閉店前にレア役を引いて1G後放置すれば次の日わかります。
狙い台があるようなら有効な手段と言えるでしょう。

逆に設定変更が確認できると、前日のデータ次第で、中規模店以下に比べて投入されている可能性が高くなるという事です。

色々と書きましたが、一概に言えることではありません。
わざわざ手間をかけて朝一の期待値を落とそうと執念を燃やす担当者も存在するでしょう。
大規模店であってもそれは言えることです。
稀なケースですが可能性としては十分考えられます。

現実的な話で言うと、傾向としては余計に触られる事は考えずらいということです。

余計に触らないのであれば、何日か朝の立ち上がりを確認すればおのずと見えてくるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 1クリックお願いします

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。