分析 裏話

稼動と利益の捉え方

投稿日:2018年1月22日 更新日:

ホール側から言わせると、イベント日であろうと平常時であろうと、利益がすべてです。

ユーザー目線からだと、イベント日などは稼動を保つために間違いなく設定を使うと考えると思いますが、必ずしもそうではありません。

今回は、それについて簡単に説明していこうと思います。

パチ屋における営業利益

どんな事業でも損益分岐点が存在します。

損益分岐点とは、何か事業を行ったときに売上高と費用がイコールになる金額。

身近な例で言うと(まあ事業ではないですが)スロットを打ちに行きました。
交通費 1k
投資 29k
計 30k

かかった費用は30kなので、30kでチャラ。まあ簡単な計算ですね。

損益分岐点というのは通常、売上高と費用の関係性です。
しかしパチ屋の場合は売上高ではなく粗利が対象となります。

パチ屋においての売り上げというのは、

サンド入金額-清算機清算金額-つり銭=売り上げ

です。

まあこう書くとわかりづらいので簡単な例を言うと、

自分のお店をやっているとします。お客様に現金を払ってもらうとなるとつり銭を用意しておく必要がある。
開店時は10万円レジに入れてあります。
その日の営業後、レジに40万円入っていたら、その日の売り上げは30万円。
言っていることは要はこういうことです。

そして粗利とは、

売り上げ-当日出庫特殊景品金額=粗利

です。
3店方式であるがためなんですが、その日に出した特殊景品は買い戻して元に戻さねばならない。
(3店方式についてはまたの機会に詳しく説明します)
先ほどの売り上げの簡単な例を見るとわかるとおり、通常、売り上げと言われる部分はパチ屋においては粗利に当たるわけです。

これを踏まえると、パチ屋における損益分岐点は、

当月の総粗利-当月の店舗運営にかかるすべての費用=±0

となる金額。

費用というのは家賃や人件費や景品・販促費など含めた言葉通りすべて。
通常、新台の購入は手形の発行などでメーカーに毎月~~支払うという形で購入しますし、設備償却費なども絡んできますが、話が複雑になるのでここでは非考慮としています。

結果で言うと、

当月の総粗利額-当月の店舗運営にかかるすべての費用=営業利益

通常、店舗は会社から毎月~~営業利益を上げなさい。と指示されます。
これがつまり俗に言われるノルマです。

つまり、店舗はなにがどうであれこのノルマである営業利益を達成することが使命。
店舗の責任者である店長はこのノルマを達成する事を基準に済し崩して考えて施策を打っていくこととなります。

稼動と利益

最初に言ったように、店としてのスタンスは最優先されるのは利益です。
たとえば、全ての日の稼動が終日2割であろうと、利益が取れれば別に構わない。
しかし、低設定でも誤爆は発生するし、思うように利益が確保できない状況は往々にして発生する。稼動が無いと利益が取り辛い。

普通、企業は商品やサービスを提供して、その対価としての売り上げがあり、そこから原価費用(30%ほどと言われたりしますね)を引いたものを粗利益として計算されます。
売れなければなんもかんもゼロです。
しかしパチ屋においてはサンドにお金が入らなければもちろんゼロですが、
下振れで必要以上に利益が多くなってしまう事もあります。
(まあどちらにしろ収束するものですが)

店舗にとって稼動というのは、

確実に利益を確保するため、利益を取りやすい状況を作るために

このために必要なものなわけです。

店舗にとっての稼動はあればあるに越した事はありません。

稼動があればあるほど売り上げが上がるため、利益を取りやすくなります。
普通は1日1日の粗利目標額を計画しており、基本的には目標額をクリアしていれば余剰分は還元に回し、さらなる稼動を作り出す事も出来る。

まさに正のスパイラル。

月末のイベントはガセイベントになりやすいというのはよく言われることですが、当然です。

店長も会社に使われているサラリーマン。会社から言わせるとノルマをキッチリ取れない人間に責任者をいつまでも任せてはおきません。
会社員として勤務している方はよくわかるかもしれませんが、経営者は結果しか見ません。
店長の評価はどれだけしっかり結果を上げてくるかということ。

前半でしっかり利益を確保出来ていれば良いですが、そうでなければイベントであろうと設定を使わずにノルマを達成するしかありません。
そんな事を繰り返していると、稼動も低下します。
でも会社は結果しか見ないので優先順位は、利益>稼動なわけです。

これを踏まえて、次回は外注イベントを例にホールの目論見やどういった目線で見ているのかを考えていきたいと思います。

-分析, 裏話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

桜花忍法帖 制作会社の思惑

1/8~噂のバジリスクの続編という桜花忍法帖のアニメがスタートしています。 スロットでは今や代表的な版権と言っても過言ではない、 バジリスク~甲賀忍法帖~。 これの続編ということで、スロットユーザーで …

バジリスク絆 BC(バジリスクチャンス)とBT(バジリスクタイム)のデータ表示を徹底解明

おはようございます、DCです。 今回はまず最初にちょっとした業界小ネタを紹介します。 パーソナルシステム パチンコやスロットにおけるパーソナルシステムと言ったら、パチンコの各台計数の事を思い浮かべる人 …

こ、こいつは甘い!! 現役稼動機種甘い台 ベスト3

前回はこ、こいつは辛い!!現役稼動機種ベスト3という事で紹介しました。 こ、こいつは辛い!!現役稼動機種 辛い台ベスト3 今回は、この逆。 こ、こいつは甘い!!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!ベスト …

台の解析情報に関しての考察 後編 業界事情の例

前回の続きになります。 前回はこちら → 台の解析情報に関しての考察 前編 「なぜ昔はされていた台の解析がされなくなったのか?」 こちらは、前回の記事のツイッターにリプを下さった方の情報提供です。 以 …

甘いと言われる機種の真実

こんな事を思ったことはないだろうか? 『この機種甘いって言われてるけど、別に全然甘く無いじゃん・・・・。』 今回はこの疑問を解決します。 根本的な認識の違い まずズバリ言うと、打ち手の言う甘いとホール …

Twitterやってます

自己紹介

管理人のDCです。
パチンコ店の役職者でスロット好き。
業界ネタや内部事情、体験した出来事など更新しています。
楽しく読んでもらえたら嬉しいです。
詳しくはコチラ
PVアクセスランキング にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。