ヘビーユーザーにありがちな悩み

どうも、年明けから全然打てていないDCです!
色々とバタバタしていて、ツイッターをヨダレを垂らしながら眺めていますw

去年から発生し始めた肩と腰の痛み。どうやら定期的なケアが必要なよう。
オッサンスロッターの辛い所です。

酷い時はデスクに座ってマウスを握っているだけで痛くて普通に座って居られなくなる。
スロット打つ時だけならまだしも、日常生活に支障が出るのって結構な症状ですよね。
稼働を休むのも試してみたけど、疲れを溜めないという意味では効果はある。ただ、また稼働すると痛みが出てくる。

そこで、前から色々な人に効くからぜひ行くべき!と言われていた鍼治療へのチャレンジを決心!
というわけで先日初めて鍼治療に行ってきました。

意外に少ない鍼灸院

腰痛持ちの人なんかは痛い時に通うというのはよく聞く話ではあるけど、鍼治療はあまり身近ではない。
ネットで調べてみてもそう多く出てくるものではありません。比較的近くに個室でじっくりと施術してくれるお店があったので予約。



まずは状態のヒヤリングから。


スタッフさんがどこがどう痛むのかを細かく聞いてくれて、実際に触って状態を確認。
その後、実際に鍼を打っていきます。

凝りというのはそもそも筋肉が硬くなってしまい血行が悪くなってしまっている状態だそう。
ツボに鍼を打ち込み固まった筋肉を緩ませて痛みを取り除くのが実際の施術だそう。
凝りの酷い部分に鍼を打つ時、中側からグイッと押されるような感じで、ズッシリとくる。

凝りが硬ければ硬いほどにこの感覚は強い。
そして、この感覚は鍼を抜いた後も続く。

ここは個人差があるらしく、鍼を抜いた後に楽になる人も居れば、ダルい感じが数日続く人も居るし、感覚は様々らしい。
鍼をひとしきり打ち終わると、赤外線をあてながら時間をおいて温めて鍼を抜き、手で揉んで軽くほぐす。

鍼灸治療はオススメ

施術後の体のダルさは独特のものがあり、凝りの強い部分や、疲れの溜まっている部分は筋肉痛に近いような感覚がある。
ハッキリ言ってホントに効くのかなこれ?という気分になったのが正直なところ。

私の場合は当日から日を追うごとにそのダルさが取れていき、最終的には体が軽くなり、痛みも取れました。
先程言ったように、感じ方に個人差が大きいらしいです。
あまりに硬くなってしまっているとなかなか痛みがとれないので、週1で1月程通うとある程度リセットできるそうです。
初めて治療を行ったわけですが、鍼治療オススメです。

マッサージを受けた事がある人は結構居るだろうと思います。私もそうです。
マッサージはその時にほぐれてリラックス出来て気持ちいい。しかし効果という意味ではかなり通い込まないと薄い。
ただ鍼治療自体に抵抗のある人は多いと思います。

体にか細い鍼を打ち込むわけなので、それを考えてみただけで尻込みしてしまいます。
しかし鍼を打つからと言って、チクッとするわけではありません。不思議と刺されてるような感覚や痛みは無いんです。
(おそらく個人差はあるとは思いますが・・)

鍼を打ち込む時と施術後の感覚がどうしても合わなければ仕方ないですが、鍼治療はマッサージと同程度のコストで一回あたりのパフォーマンスは段違いに高い。
疲れや凝りに悩んでいて、度々マッサージで誤魔化しているくらいであれば思い切って鍼治療を受けてみる事をオススメします。

努めてやらないと中々難しいですけど・・
定期的に体を動かして、ちゃんとストレッチをするのが凝りや疲れの予防になるんだそうです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。