まどマギAの2日間のデータ

ファンの多いであろうまどマギAの2日間の稼動データを見た感想です。
同僚や上司が見た時に身バレする可能性は無きにしも非ず、数字を見ている以上それを匿名と言えど外部に出すのは私のポリシーに反するので、自店のデータは挙げることは出来ません。どうぞご理解下さい。

まずスペックのおさらい


引用 ”ちょんぼりすた” さん

ポイントは言うまでもないかもしれませんが、REG確率。

6は機械割が結構高いので別格。BIG確率に差はありますが、看破している時点で、6でも下の確率で推移してもおかしくはないので、押し引きのオマケ程度に参照するべきだと思います。

注目は2・3・4のREG確率の開きが大きめな所。
3でもREG1/350と重ための部類に入るので、上3つ有るか無いかは3000G程あれば見抜けそうです。


引用 ”ちょんぼりすた” さん

どの小役にどれくらい設定差があるのかわかりませんが、通常ベース50枚あたり、1と6では3.0Gの差があるので、各小役のカウントとベースの体感で違うのはわかりそうです。

データサンプルで検証


まずはこちら。文句なしの綺麗な右肩上がりのグラフ。若干の誤差はあるものの、6と思って良いでしょう。


次にこちら。BIGが引き強でかかりましたが、REGが弱い。3~5のどれかでしょうが、おそらく4・5辺りかと。


これもBIGの引き強。1~3だと思います。


なかなかキツそうな展開。2・3あたりだと思いますが、4もあり得る範囲かと思います。

2日間の自店データを見て感じた事

REG確率がまどの3とマイジャグ3の2とほぼ同確率。
マイジャグ3のREGは2だと大分荒れることは多いですが、まどマギAのREGは設定通りといった印象が強いです。他店のデータを見ても、自店のデータを見てもやはり下はREGがかからない。

あと特徴としては、グラフの下げ幅がキツめの場合とそうでない場合が見て取れる。
思う以上に他のAタイプと比較すると通常ベースの設定差の影響が顕著なのではないかと推測できます。
これだと下2つと上2つ各一回づつ打てば、小役のカウントと推移の仕方でわかりそう。

と、細かい数字から検証しましたが、そういった細かい理屈抜きで推移とデータを見た感想は、

『これ、中間以上あるかないかはかなりわかりやすい台なんじゃねえかな・・』

です。

ジャグラー関係はやはり絶妙。少ない試行だと良くも悪くも結構荒れますが、まどマギAは設定に正直な印象を抱きました。
まだまだサンプルが少ないと言えばそれまでです。しかしこの正直なデータが続くようであれば、長期稼動は難しい可能性がある。

6は機械割が高すぎるので使いづらい。ホールとしては入れても中間メインになります。 今後の立ち回りの参考に。

私の場合はAタイプだと脳死でジャグラーか大好きなバーサス派。元々萌えスロはあまり触らないので、かなり強い根拠が無ければ触らないかもしれません。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。