設定狙いの基本2

何に使うの?

いつ?に続いて、本日は何に?について書いていこうと思います。

前回はコチラ設定狙いの基本1

前回も言いましたが、一番大切なのは、ホールのクセを読み解くことが一番の近道です。説明するのはあくまで、一般的に言える事としてです。意図を読み解く一端として覚えておけば役に立つと思います。

まず外せないのは・・

自身で情報収集をする人ならば、答えはお分かりだと思いますが・・・

一番多いのはAタイプ

 

何故か。前回も書いた通り、店が設定を入れるということは、アピールしたいわけで入っているのを認識してもらいたいわけです。Aタイプは動けば、安定しますし、基本的にはキッチリ回数がついて、データにもそれが残るため、アピールするにはもってこい。さらに、イベント狙い層や流れ客が好む爆裂機と違い、固定客が付きやすいのも大きな理由です。店がアピールをする理由はまたリピートして欲しいからなので、固定客が付きやすい機械に使うのは当然の流れと言えます。

具体的な機種を挙げるとなると、これまた客層・地域で大きく違ってくるので一概には言えません。

ジャグラーは機種数が多いですが、一番人気のマイジャグ3・ゴージャグ・ニューアイムあたりがメインだと思います。

アクロス系だとやはりハナビでしょうね。(個人的にはすごくバーサスを推したいんですが・・)

ハナは・・私はかなり疎いので、なんとも言い難いです。(ハナが盛り上がっている地域を見たことがないんですよね・・)

イベント時はこれらの機種にはまんべんなく配分されることがほとんどですので、イベント狙いで安定した収支を目指すのであれば、Aタイプ狙いが間違いないです。

補足として付け加えると、Aタイプ全般に言えることでもありますが、ジャグラーの一番人気となると、やはり6の機械割が高いマイジャグ3だと思います。

しかし・・・マイジャグ3の6ってなかなか使われないんですよね・・。

なぜなら6の割を割くならば4を2台使ったほうがアピールしやすいからです。

4を2台使って打たれれば大方どちらかこれ6じゃね?ってデータになるんです。

お店としては、6を打ってもらうのが目的ではなく、アピールが目的なので、十分です。甘い客層が多ければ多いほどにそうです。

もちろん、6が無いわけではないですし、使う場合も、使うお店もあります。

ただ、6を使うだけで他の台で割を取ることになるため、配分が厳しくなるのです。

マイジャグ3を打つのであれば、頭の片隅に置いておいて欲しい所です。

次に使われると言うと・・・

となると・・メイン機種

P-WORLD(クリックで展開)は今や店選びに当たっては欠かせませんが、大体どの店も設置機種を確認すると・・・

・・・・・・・・ 新台 5台

・・・・・・・・ 新台 6台

・・・・・・・・ 20台

・・・・・・・・ 16台

という具合になっています。

基本的にこの並びは打たせたい順と言っても過言ではありません。と言っても新台に使うかといったらほとんど使わないと言っても差し支えありません。そもそも新台というのは、今では広告宣伝規制に唯一縛られることの無い許された販促であり、一番簡単に告知しやすいものです。故に大して手を加える必要なく打ってもらえる。もっというと今や新台も稼動が維持できるかどうかもわからない。先に機械代を回収するのが先決と判断される事が多いです。そうなると、使う必要性も必然性もありません。

となるとメイン機種というのは、基本的に新台の下に並べてある機種です。大体は設置台数が多い順になっています。

具体例を挙げると、絆・番長3・まどマギあたりが一番多いと思います。

ここで凱旋やハーデスを除いたのは、ゴッド系を推している・台数が多い店であればあり得ますが、ゴッド系にはイベント時以外使われる事は示唆がない限りはほぼ無いと思って良いです入れずとも勝手に出るのと設定を求める層が座る台でもないからです。

ここで機種を絞るとしたら、その店舗のイベント時の配分で判断できます。

必ず使っているであろう機種や一般的に人気の高い台、その店の客層に人気の台は上記を除いてメイン機種と判断して問題ないと思います。

こうして見ていく中で重要になるのは地域性・客層です。
設定を使い効果的にアピールしていくにはこのニーズにマッチングさせないと効果が薄いからです。

例えば、客層に年配層の多い地域でATやARTに偏った配分をすることはまずありませんし、Aタイプに使うとしてもメリハリを効かせることも考えづらい。

交換率にもよりますが、イベント時以外は徹してベタピンの店、イベントなしで平常に力を入れる営業の店、イベントを打っていても平常もベタピンにはしない店・・色々ありますが、使われないホールで探しても無いものはありません。
行くところがどんな営業をしているのかをまず把握しましょう。

私がこれを書く上で、探して欲しいと思うのは一切イベントを行わない店・イベント頻度の少ない店。こうして書いている事に典型的に一番当てはまってくるのはこういった店だからです。ある程度の範囲で探せばそういった店はあると思うので、探してみて欲しいと思います。

次回は、より具体的にどこに?を掘り下げたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。