ハーデスの魅力

今回は、私の大好きな推し機種アナザーゴッドハーデスに関してちょっと語りたいと思います。

ハーデスの魅力

ハーデスと言えば、現役稼働機種での一撃性能では最強と言って良い程のポテンシャルがある。
出た当時はまたこれはすごい機械が出て来たもんだと思ったもの。5000枚出た台がその日のうちに5000枚以上吸い込むわ、かと思えば、何日も連続で5000枚だ10000枚だと吐き出すわ、3日連続5000枚以上の吸い込みなど日常茶飯事。

大好きな推し機種というからには実際、かなり打ち込んできています。
さすがに数えていませんが、消化G数は恐らく50万Gくらいは優に超えていますし、GOD回数は100回はいってないとは思いますがそれに近いと思います。全回転も30以上は引いています。
5号機史上ここまで打った台は他にありません。

何故こんなにも打てるか?

一番は時間さえあれば捲れる夢が詰まっているという点。
GOD揃いは期待枚数にして約2200枚ですが、直撃フラグでこの期待枚数の機種はいくらでもあります。そのフラグを1/8192で抽選というのがまず破格。
その分、通常抽選は辛いですが。。

雰囲気と演出のバランスが絶妙

演出面では、全回転フリーズを初めて見た時は衝撃的でした。
この演出には開発者のセンスが詰まっていると言っても過言ではない。
ウェイトなしでリールスタートからのクラッシュ画面とあの音、GODの時のあの祝福のサイレン、最高に気持ちが盛り上がります。(出るとは言ってない)

あと、なんと言ってもGODフリーズの音。GODシリーズは4号機版から全種打っていますが、ハーデスのフリーズ音が機種の雰囲気にすごく合っていて一番気持ち良い。
今でも打ちたくて触りますが、このフリーズ音を聞きたくて打っていると言っても過言ではありません(出るとは言ってない)

そんなハーデスですが、未だにタッチが聞けていない。
自店でお客様が流しているのを聞いたことはあるんですが、自分ではありません。
今夏、14k枚出した時は、朝一から打ってGOD3発、通算ゲームで4000Gというのが厳しく後々、条件を満たしていたゲームが200G弱があった事に気付き悔しい思いをしました。

ホールで働いていると、そんな事起こるの?ってくらい、鬼のような引きを発揮する方が居ます。(逆も然り)
私のホールではGOD回数6発が最高記録です。きっと上には上が居るとは思いますが、6発はなかなか聞きませんね。

ハーデスのネタは5号機で一番打ち込んだだけあって、ハーデスネタは結構あるので追々上げていきたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。