ハーデスの効果的な看破

すごく今更な感がありますが、ハーデスの効果的な看破について書いていきます。

この台に関しては私は間違いなく5号機で一番打ち込んだと言える。一時期休日は朝から晩までひたすら打ってましたw

おかげで自分で見てない演出は、エンクロージャプレミアと金扉、アポロンの竪琴、タッチのみ。いずれもGOD揃い・GODor冥王揃いのみでしか発生しない演出。
タッチは・・見えない何かの力添えがないときっと無理なので、演出コンプは諦めています。
ぶっちゃけ今更ハーデスに56を置く店などほとんどありませんが、先日の楽園蒲田店のような事も無いことはありません。(初日はオール456位のデータ)
見ておいても損は無いと思います。

よく言われる基本的な看破要素


基本スペック


ザックリ初当たり設定差


特殊抽選




GGスタートステージによる看破

引用”すろぱちくえすと”さん



通常モード滞在時レア小役以外の抽選

引用”一撃”さん

  • 基本モード問わずレア小役による当選
  • 裏モード昇格頻度
  • モード移行
  • 通常モード滞在の当選率
  • GGスタート時の滞在モード振り分けの差によるGGスタートステージ

ここらへんを基本的には参考にすると思います。

実際、ここらへんを私も見ます。
が設定が投入されていないからなんですが、看破する段階でまずベッコリと凹む。(使われてないのをわかってるんで、する必要もないんですがw)

また、折角GGを射止め、消化して玉を作った・確定役で長いGGを獲得できた。のに通常時を打たないとわからないので折角の出玉を入れなければならない。

勿体無いですよね。(それなら流せw)

今年一度、ハーデスの全6島に座れる機会があり、それを打っていて気付いた事がありました。

56あるかないかの判断における看破ですが、どこの解析サイトにも書いていない実践的なポイントをこれから説明します。

注目すべきは裏モード移行率

まずはこちらをご覧下さい。

これはつまりは・・

こういう事。
しかし、毎ゲーム押し順黄7ではないので・・。
黄7による裏モード昇格トータル発生率は・・(レア小役&転落非考慮)

若干の誤差はあるかと思いますが悪しからず。

この差は通常時・GG中問いません。レア小役を引いていない部分・ほぼ確実に非裏状態である所を参考にせねばなりませんが、3・5・6は現実的に発生しやすく、1000Gやそこらでは1・2・4は発生しない方が断然多いでしょう。

事実、全6島に座っていた時、早々に長めのGGを消化しましたが、何も引いていないのに鎖の煽りがバリバリ出てきました。

「??? 何も引いてないのにこんなになるの打ったこと無いぞ?」 すごい違和感を感じたのを憶えています。

それもそのはず、3・5・6挙動だからです。

折角なので、6の挙動についても少し触れておきます。特徴は以下の通り。

  • レア小役で当たる。レア小役後にガセの前兆演出が発生することがよくあるが、あれが結構な頻度で当たる。
  • 本当に謎当たりが多い。(678や133などの通常モード以上の出目示唆がなくとも思っている以上に通常滞在が多く、特に強い液晶出目なしで突然当たる)
  • 契機不明な鎖の煽りが頻繁に発生。
  • 当たり分布としては基本250Gあたりかそれより早い。早い時は50や70で当たる。たまに400超え。私が打った台は最高ハマリ850程。

以上の事から、1000Gくらいを目途に通常時のGG当選とレア小役なしでの裏モード移行に注目すると、5・6の有無はおぼろげながら見えます。
また、GG中も参考Gに入れられるので、思わぬ出玉を作れた時は無駄に打ち込む玉が大分へらせるのが大きいです。

番長3の6狙い再戦

先週、再び番長3の6狙いにチャレンジしてきました。

某オフ会イベントにて

ここのところは私は設定狙いは警戒していて、(それで平打ちしてれば世話ないですがw)ずっと絆をメインに狙ってましたが11月に入って以降は苦手ながらも番長をメインに狙うようにしています。

ここを選んだのは、当てを付けていたから。このイベントは1/2か全台をまとめる傾向がある。前回開催時は番長30台位で、(初期パネル:操パネル=6:4程)初期パネル1ボックスが対象だったよう。今回狙いたかったのは、操パネル。この当てには自信がありました。自信があったのに・・・
(おそらく180人くらい・・?)

番長自体厳しいのでは・・?

そんなこんなで入場してみると、操パネルはもう既に埋まっている。やっぱり考えることは一緒か・・。初期パネルは空いていて、無いことはないのでこっちに着席し実戦開始。

いきなり謎勝利から

初回対決はチェリーから発展。当然のように負け。ベルカウンターは26でようやく発展するも、絶望のサキめんこ・・

が、何もなしから特訓凸。デフォ対決のサキめんこ。謎勝利してしまい、1回目の初当たりゲット!投資は5k

速攻で、

チャッピー相撲ベル1で負け。


対決勝利は3/8。
終了後、少し回すとすぐに特訓煽りが出だし、いつもより煽り発生が早い。引き戻し特訓を確信。

負け。(中身は憶えてません)まあ、仕方ない仕方ない。現時点では期待は大分高まる立ち上がり。

全飲まれから追加で3kの400Gのところで、突然始まる前兆。これは・・・


通常BB当選。赤7。またも、

チャッピー相撲負け。。チャッピー相撲強すぎw

対決勝利は0/2。やっぱり轟大寺で勝てないと厳しい。。

3回目の当たりは94G。チャンス目から特訓、チャッピーラグビーで弁当を引き、勝利。


対決勝利1/3。悪くは無いが良くは無い。幸いここまで初期ストック単発が無いので、キツイと思いながらも、続行以外の選択肢は無い。

ようやく訪れる波

4回目は320G。

1日目、轟大寺 チャッピーバド 赤BB
1日目 温泉ステ ノリオめんこ 赤BB
1日目 轟大寺 マダラ相撲 青BB
3日目 轟大寺 マダラ相撲 赤BB
3日目 轟大寺 マダラ相撲 赤BB

このセット数でこの枚数はなかなか無いです。多分天国連なんでしょうが、このBB中にベルが出ない出ない。


これとか酷過ぎw。これだけBB引いて、対決勝利2/7。対決が少なすぎる。。

5回目はここでハマリ、通常ベルカウンターが32を抜け、62ベルで430G、巌調理実習で直勝利。
1日目 轟大寺 ノリオバド負け
3日目 轟大寺 チャッピーラグビー勝ち 赤BB

対決勝利3/10。

もう無いなと思いつつ、あと一回の様子でヤメを決意。

6回目は380G。

終了後にまたも32ベルを抜けた所で、引き戻し特訓1/6、6は無いと判断し、ヤメ。グラフはきれいな右肩上がりなのに、打っている感じ、引きでなんとかなってる感満載な気がする。
結局2200枚流して、プラスで逃げました。

帰りに挙動を確認

スランプグラフの写真を撮り忘れたので、雑ですが、自作しました。


前半薄い線・・私の打っていた部分
黒線・・以降

もろに下。この下山具合は恐ろしい。。まああのきれいな右肩上がりっぽいグラフに上を期待した人が入れ替わり立代わり打ったのでしょう。
番長は絆と違い、5・6でないとハッキリ言って時間が勿体無いと思っちゃうんですよね。苦手な台なので・・。それだったら好きな機械打ってた方が私としては有意義な時間が過ごせる。それをやるのであれば負け承知でですが・・。

操パネルに間違いなさそうなのが2台くらいで、後はわかりませんw。全体的に配分が弱かった印象だったので、早めの撤退で正解だったようでした。
私の射程範囲では、イベントでも最近配分が弱くなってますね・・。慎重にいった方が良さげです。

楽園蒲田店リニューアルオープン参戦

初日のお祭り騒ぎの結果を見て、私も参戦してきました。

番長3が間違いなく狙い目だが・・

抽選締め切りから実際抽選を受けるまでメチャクチャ長かった・・。番号を振ってあるリストバンドを渡され、店舗隣のビルに入れられ、順番に並び、順に抽選。ぶっちゃけ入場までで結構疲れましたw

んで、結果がこれ。

微妙と言わざるを得ない。ジャグラーの台数が多く、ジャグラーにかなり流れると思っていたので317だとAT機は座れてしまえそう。

私は普段、抽選で勝算のない所にはそもそも行かないが、確実に設定を使うであろうメイン機種などで狙い機種を決めておいて、座れない番号の場合は撤退と決めている。抽選人数1000人だとこの番号は当然で、むしろ悪くない方。たまには良いかということで、モンハン・転生・ハーデスあたりを狙って入ってみることに。

座れたのが・・

台を選ぶ余裕など少しも無く、結局座ったのがこれ。

後日、記事にしようと思っていますが、この台は4以下見切りで看破した場合、結構早い段階で見切れます。6を終日打ったことがありますが、昼頃にはこれ6じゃね?ってなるくらいわかります。

と言っても吸い込みのキツイ台なので下だとそこまでに30kくらいもってかれてしまうんですけどね・・w

5回ほど初当たり取りましたが最高ハマリ400ちょい超え位。ですが、看破結果はもろに下。おそらく2。中身はもちろん犬祭り。

ぶっちゃけ入場までで疲れてしまった感があり、初日のような夢を見せてもらえなかったのでもう撤退したくて仕方なかった。

最後と思い、投資37kで初当たりを取ると・・ペルセポネ登場。なんとか250Gでスタート。即ヤメで半分くらいは戻ってくるのでそれでヤメを決定。

始まってすぐ冥界の扉から・・

ここからはダイジェスト。










危うくGOD分で1200枚いかない所でしたが、なんとかここまでいけました。ループストックはなしで一応少しモードチェックで回して、プラス35kで勝ち逃げしました。

 番長3あたりは明らかに1/2で456といった状況でしたが、サッと見て回った感じあまり目立った所は固まりはありませんでした。

これからどうなるか

夕方前にさっさと撤退したので、状況はザッと見た程度ですがこの日は全体的に大分配分が落ちていました。番長3は最低でも1/2で456、ジャグラーはまだまだ判断しづらい位の打ち込み。
それにしても、初日に8割近く456くらいはありそうなあのお祭り。徐々に配分は落ちていくでしょうが、オープン期間の終わった後の他店も含めた動向が気になります。

オープン期間は程々にしておかないとただのばら撒きになってしまいます。現在、競合店に全然動きが無いだけに余力を残しておかないと、オープン期間後近隣店に仕掛けられ一気にスカスカになることも十分考えられます。

特別に予算をもらっていないと出来ない玉なので、日常的に足を運ぶお客様に持っていってもらう努力をしないと、いわゆる常連客・一般客に逃げられてしまい、前よりも稼動状況が厳しくなってしまいます。(最近イベントを打ち始めてこうなってしまう店舗増えてますね。)

また抽選人数などの様子をうかがって見に行きたいと思います。

最近人気らしいヴェポライザーを使ってみた

私は喫煙者です。今はアイコスを使用しています。

ホールでは喫煙率はかなり高いので、非喫煙者や嫌煙家の人はホールの空気の悪さは最悪というのは良く聞く話。

非喫煙者から言わせるとアイコスも臭いそう。確かにそう言っているにおいも人が吸っているとわかります。

アイコスにしてからは普通の紙巻タバコの臭いがよくわかり、けむさ・臭いが気になるようになりました。

この先、タバコの増税も免れないよう。最近加熱式のタバコの普及が進んできていますが、ヴェポライザーというものを使うと、コストパフォーマンスが上がるらしい。

ヴェポライザーも何種類かあり、どれも海外製。どれが良いのかわかりませんが、アマゾンのレビューで評価の高いものを選んでみました。

C VAPOR 2.0 PLUS

2.0 PLUSというくらいなので元あるものの改良版のようです。


コチラは裏側。USBコードで充電するので、その差込口と、空けている部分が収納になっています。吸う時はこの蓋を開けた方が吸い込みやすい。


本来は、この穴の部分に手巻きの紙巻タバコ用のシャグ(ハッパ)を詰めて吸うようです。(シャグという響きがヤバイっぽい雰囲気を感じるのは私だけでしょうか?w)

シャグを詰めたら、吸い口をセットして、ボタンを5回押すと過熱がスタートして、設定してある温度まで上昇し始めます。

設定温度は160℃~230℃。大体30~40秒程で設定温度の達して、約5分喫煙できる。

吸い口は2種類あり、


フィルターなしのタイプ。


フィルターを付けられるタイプ(これは普通のタバコを切り、そのフィルターをセットしている)

フィルターを付けないと喉にグーッとくるし、苦味も強く、結構キツイのでフィルターを付けた方が無難。

一般的に市販しているタバコを吸う場合、


付属の筒の長さにカットして、


セット。

アイコスのタバコやグローのタバコには予め混ざっていますが、グリセリンを入れないと加熱しても蒸気が出てこないので吸えません。

なので、別売りのヴェポライザー用のグリセリンを垂らします。(2滴程)

これで、吸い口をセットし加熱スタート。設定温度に達すれば吸えます。

味は・・タバコの葉っぱの香りという感じです。吸った感覚は、鼻に直接つけて嗅いだ香りそのまま香るような感じです。好みだとは思いますが、私は一般的なタバコで吸うなら、アイコスの方が良いかなと思います。

使いづらい点としては、セットにいちいち手間がかかるのと、バッテリーが10本程吸えるくらいしか保たないので外出時に適していない点。(モバイルバッテリーは必須ですね)

ヴェポライザーの利点

ただ、ヴェポライザーの利点はあらゆるものを加熱式タバコとして味わえる事。モノが乾いていて、グリセリンが染み込むならなんでも。

七味を入れても良いし、香草関係、枯葉(w)・・。

気になるあの子の衣服を詰めてスーハ-スーハークンカクンカするのもたまりませんね!

グリセリン自体にもフレーバーがあるようなので、自分なりにアレンジをいくらでも加えられる。

ということで・・今回はこれを100円ショップで買ってきて試してみました。

ティーパックの中の葉をセット。


これは焙じ茶。


グリセリンを垂らし、スイッチオン!!

美味い!!

焙じ茶の香ばしさが飲むよりも出て良い香り。

続いて、紅茶。

こっちも、香ばしさと香りが飲む以上によく出ている。そして、何故か甘い味がするw

タバコを吸わない人はそもそも吸おうとは思わないかもしれませんが、これは非喫煙者の人でも楽しめる。

中に入れる葉っぱ自体は全然量を使わないので、タバコ葉を使う場合でも従来の1/3で済む。(紙巻タバコ1本に対して3本は取れる)

持ち運びは面倒なのでしませんが、自宅用で使う分には中々良いです。色々なシャグや色々なモノでマイブレンドを追及していけるので、その点でも楽しめると思います。

それこそ無限の組み合わせが存在するのでなかなか見つからないかもしれませんが、しばらく研究することになりそうです。

楽園蒲田店のグランドリニューアルがとんでもない件

東京近郊で大きな噂となっていた、パチ&スロの激戦区、東京は蒲田の楽園蒲田店。日付は昨日12/7に日本最大級の804台のスロ専としてリニューアルオープンした。
p-worldホームページはコチラをクリック

元々はパチンコ415台 /  パチスロ429台の中規模店だったが、一週間ほどの店休の後のオープン。近年稀に見る思い切ったリニューアルだったのでかなり注目していました。
そんなリニューアル初日。とんでもない結果になっていました。

主要機種のデータ

詳しい機種構成はp-worldのホームページを見て頂ければわかりますが、もう無い機種が無いぐらいに機種はバッチリ揃っています。その中でも台数が多めの主要機種のデータをピックアップしました。

番長3

差枚プラス台 72/77 差枚3000枚↑ 48/77 うち 5000枚↑35台
差枚マイナス 5/77

初代まどマギ

差枚プラス台 17/25 差枚3000↑ 10/25 うち 5000↑8台

差枚マイナス 8/25

ハーデス

差枚プラス台 16/22 差枚3000枚↑ 12/22 うち 5000枚↑11台
差枚マイナス 6/22

差枚プラス台 13/18 差枚3000枚↑ 9/18 うち 5000枚↑5台 (1台稼動停止中)
差枚マイナス 5/18

アイジャグEX-AE

差枚プラス台 46/64 差枚3000枚↑ 12/64
差枚マイナス 18/64

マイジャグ3

差枚プラス台 17/24 差枚3000枚↑ 9/24
差枚マイナス 7/24

ゴージャグ

差枚プラス台 19/21 差枚3000枚↑ 4/21
差枚マイナス 2/21

スーミラジャグ

差枚プラス台 15/18 差枚3000枚↑ 5/18
差枚マイナス 3/18

マイジャグ2

差枚プラス台 16/17 差枚3000枚↑ 5/17
差枚マイナス 1/17

アイジャグアニバ

差枚プラス台 11/14 差枚3000枚↑ 3/14
差枚マイナス 4/14

これはハンパじゃない

なにがすごいって、マイナス差枚が少な過ぎる。マイナスでも派手に凹んでいるのもかなり少なく、差枚3000枚に到達していなくても2000枚クラスなんか当たり前。
他にピックアップしていない方が多いですが、1/2レベルの結果となっています。データで見ただけでもハンパじゃないですが、現場で見た時の出玉感は壮絶なものでしょうねw

普通はこのレベルで設定を投入するなら18時オープン。早くとも15時オープン。何時に閉めたのかはわかりませんが、これはもう年1レベル所じゃありません。グランドオープンでも最近ではここまでやる店は多くはありません。
今週末、打とうと思っているなら、鉄板ではないでしょうか?

※ステマでもなんでもありません。結果に対しての個人的な見解・感想です。免責事項の通り、いかなる損害を被りましても当ブログでは一切の責任は負いかねます。読者様の自己責任でお願い致します。

設定狙いの基本4

前回に続き、今度はイベント時入れ方について掘り下げていきます。

前回はコチラ設定狙いの基本3

イベント時の入れ方

平常時とは違い、イベント時は全体的に稼動がつきます。機種単位で平常時5/20に対して、イベント時は15/20であったり、人気機種や強イベであれば、朝一から満台スタートになることでしょう。

配分にもよって変わってきますが、例を挙げると10台のボックス島で当たりが2台。これで全体的に稼動が付くとなると、少し前回挙げた角や角2には入りづらくなる傾向があります。ボックス島の場合、角で玉を積んでいると島中には入っていないだろうと考えられてしまうので、全体的に稼動が下がりやすくなってしまうのです。島の形は結構重要です。

この中でも当たりがもっと多い場合、高配分の場合ですね。たとえば3/14であれば、一台は角・角2にほぼ確実に入れます。

4121212

1214611

といった具合。

絆や番長のように6の割が高く、かつ6のダミーとして2や4を使う機種の場合、6の隣に4を入れる事があります。たどえば6確定演出が出たり、いい調子で出玉が伸びてくると両隣は早く見切られます。早いと朝に6確が出た瞬間止めなど。下の客滞が低いと想定よりも割が高く推移してしまうため、店としては下を出来る限り打ってもらいたいのです。それを防ぐためにあえてこのように配置する場合もあります。
(あくまで例、これで角と角2にまとめる場合も、そういうホールもあります。)

あと鉄則として、ボックス島の場合、当たりの対面に当たりは入れません。これはただ単純に見栄えが悪くなるからですね。

しつこいようですが、傾向の話であり一番は設定担当者のクセを読み取ることです。私が主に行くホールでは一貫して角にしか投入しない所もありますし、日によって違うホールもあります。ただ、配置には必ずと言っていいほど意図があります。それを読み取ることにより見切りを早くつけられたり、思わず当たりに座れることもあります。

最終的な配置を見て意図を読み取っていけば、当たりをつける精度も上がります。今回話したのはあくまで基本概念としての話ですので、そこは例の一つとして憶えておいてもらえれば良いと思います。

イベント時と言えば・・

イベント時に苦労すること、というか付いて回るのが入場抽選の問題。そもそも入れる部分に当たりをつけていても入場抽選に負けてしまい、座れないというのはよくある事です。
抽選を突破できれば良いですが、毎回そううまくはいきません。むしろうまくいかない方が多いです。

やはり重きを置きたいのは競争率を考慮したホール選び。
前回も書きましたが、イベントを行わない・頻度が低いホールにスポットを当てて見ていくと、抽選に左右される頻度が大きく下がって、座れる確率が安定して高まります。

私は普段好きな台をかなり平打ちしています。もちろんその場合の収支は負けの方が多いです。

しかし、基本的にピンで週1度、設定狙いに片道1時間以内(ほぼ1時間はない)でホールを探し、収支は副業レベルにプラスで推移しています。納得できるプラス域を維持する為に期待値稼動もします。

私の場合は好きな台を打ちたくなったら打つ為に、納得できるプラス域を維持する努力をしています。

多少なりとも参考にして役立ててもらえたら良いなと思います。

小宇宙を燃やしたら奇跡が・・

稼動記事連投です。巷では人気の聖闘士星矢~海皇覚醒~ですが、あまり触りたくない機種として避けていました。一度だけ4スルーから打った事がありましたが、ハマリまくりART間9回目のGBでGBスタートと同時に『セインセイヤァーーー!!』。チョボ乗せ700枚終了の見せ場も何もない終わり方で約-40k食らって以来、2ヶ月以上ノータッチでした。(4スルー位では当然の結果ですが)

今回やってみたのには理由があり、私の平日勤務前稼動の射程内にセイントセイヤで456確定演出が出る店があるとの情報をキャッチしたため。その店はイベントは一切行わないフラット営業のお店。イベントを行わないだけあり、固定客がその店舗の競合店に比べて断然多い。この店はこのやり方をオープンからひたすら続けている。(遅効性の手法であるためほとんどの店はこの手法はとらない)
ただ、私がここに狙いに行かないのには理由があり、

  • いつ、何に入れるかわからない
  • データのクセが読めない
  • 勤務前に行くには若干便が悪い

このため避けていましたが、この界隈を久しぶりに見に行こうと考えたわけです。

授業料を払うつもりで踏み出すと・・

様子を見るために、他の台の期待値チャララインなどのハマリ台で濁していたが、夕方前辺りになってもなかなかセイントセイヤが動かない。
どちらにしろ、小宇宙ポイントで据え・リセの判断はつくので負け覚悟か1GB即撤退かで前々日1スルー・前日2スルーの累計3スルーに着席。
まずは据えかどうか、コスモポイント1000pt到達がいつか確認したかったのですが、投資9kの350G程で謎前兆に突入しGBをゲット。G数解除ですね。

バトル前に継続ストックをゲットしてバトルへ。お相手はソレント・・。ほぼ50%確定。駄目だこりゃ・・。

2戦目相手の中攻撃を耐え、3戦目に突入。スタート画面青星矢!・・まさか・・イケル?

3戦目、星矢の攻撃でART確定。200G(確かその位)程獲得でスタートすると・・何も引いていないのに5G位でいきなりざわついて、


さすがにケツが浮きかけましたw後で調べたら、押し順リプでも0.2%で上乗せがあるということでそれを引いたようですねw

その後も順調に。アイオリアが奮闘




バトル中復活で、沙織登場から・・




しかし、強レア役が重く、直乗せが全然発生せず、G数を消化し切り・・


やはり黄金バトルor千日戦争or直乗せ3桁を継続的に乗せ続けないとこの台は伸ばしきれない。。

終わりと思いきや、奇跡が・・

調べると・・

引用 ”ちょんぼりすた”さん

イオはGBレベル3以上確定で、80%overが出てるので、これだとレベル4以上。看破の参考にはなりませんね。。ってか薄いとこ引きすぎw
どうせ3戦目で負けて追わせるんでしょ!?そうなるんでしょ?と本気で思ってましたが・・



あっさりw
どの台もこういってくれたらホント楽しいでしょうねw

天馬覚醒中、幻魔拳フリーズで、


ようやくこんなのも引いて、

結果


10Gって!!www 弱レア役2回引きましたが空気でしたw






最後はソレントラウンド1負けで終了。

結果ただの平打ちでしかないという事実

結局据えかどうかの判別も出来ていないので、コスモポイントを溜めていくと・・最後の230pt一気に溜まって1000pt。据え置きかい!!
まったく、これだけ頑張れたから記事に出来たものの当たりが無かったら即ヤメレベルw
ここで不屈(中)が出てしまったので、一応、1回当てて、ソレントラウンド1敗北から再び不屈(中)。もう18時を回っていたので、3500枚流してヤメ。

ただの結果オーライであって、立ち回りとしては全然ダメですねwもっとマジメにやらないと。
ともあれ、聖闘士星矢の面白さのツボもなんとなくわかったので、設定を使ってくれるホールに行く際には狙うこともあるかもしれません。今回行ったホールもデータチェックも含めてまた覗きにいってみようと思います。

バラエティー機種稼動 第1弾

先週は結構ガッツリ稼動してきたので、順次記事にしていきます。先日の記事で2月までに撤去されてしまう台で打ちたい台がいくつかあると書きました。

その記事はこちら →スロットバラエティー・懐古台や珍台のリミット

なくなる前にバラエティー台を卒業平打ちしてやろうという話です。今回の機種はコチラ!!


©原哲夫・武論尊/NSP 2001, 版権許諾証PGF-119 ©Sammy

台自体は非常に辛い機械です。実を言うとこの台、機械代が並みの台に比べ、2~3倍程のスピードで回収出来てしまった台。当時なかなか良い台が無くユーザーも良い新台を求めていました。結果稼動がすこぶる良く驚異的な早さで機械代がとれてしまうという結果になりました。打っているだけで思いますからね。辛いとw
パチンコでも天帰好きです。この台も好きです。漫画が好きだからなんですが。拳さんがカッコイイ。

今回は記事にするつもりもなく、ただ打ちたいから打っただけだったんですが、ネタとしてはなかなかだったので、記事にすることにしました。

なんの事は無い普段通りの初当たりから・・

※注 初めから今回は記事にするつもりが無かったため&あまりの興奮で、一部の良いところの写真を収めていません。所々拾い物で代用しますので拾い物は拾い物と記載します。また照明の暗い店だったので、写りこみが酷く、モザイク処理により見苦しくなっていますが悪しからず。。

投資8kで弱スイカとチャンス目連発の仕上げの強スイカの当たりから宿命の刻緑でスタート。
拾い物

宿命1セット目、強スイカから緑オーラに昇格。継続は決まってるし、別に今要らないんだけどなぁ・・。何のことは無いヤサカバトルで継続。続く2セット目、突如!!

拾い物

マジか!!宿命の小役パート中、約1/14000!無事に揃い・・

拾い物

さらに、次ゲームザコ倒し演出から、PUSH発生で押すと龍役物がレインボーの火を噴き昇格!・・確かレインボー2のオーラは、天授の儀確定だったよね?と思いながらバトルに進むと、宗武選択からスペシャルムービーに発展。

拾い物

個人的には宗武は頭を剃る前の、

これの方がカッコイイと思います。

脱線しましたが、ムービー後、

途中経過で拳さんが倒れてしまったセット

最終結果

天授でエンディングまでいくとは思いもよりませんでしたが、23連も続き、大事故とまではいきませんが、天授のみで1200枚も獲得してしまう奇跡w
5000枚位は余裕でいくでしょ。しかし残念ながら、夕方から仕事で1時間位しか打てない時間・・なので、友人に代打ちを依頼し打ってもらうことに。
しかし、上乗せが全く奮わず。。VS霊王に勝利から、初めて記憶の扉に発展するも、まさかの演出失敗まで食らい・・さらには途中、

で、真・百裂拳チャンスに入るも、50Gで終了。。どうやらヒキを使い果たしたようで、すべての最終結果、

ヒキ強なのかヒキ弱なのかなんともな感じでした。全然プラスなので良いんですが、割には悔しい結果となりました。蒼天の拳2を期待値で狙う時は350G~を私は目安にしていますが、撤去まで打てるときは狙っていこうかと思います。平で打つのは今回が最後ですね。(ほぼ確実に負けるので)

まどマギで4日連続万枚!?

ネットを見ていたら、4日連続初代まどマギが約万枚出ていて、現在調整中にて稼動停止しているという記事を発見したので、これについて書いていこうと思います。

ほぼ確実にゴト

 

まず、4日連続で6で営業するなんてことはまずあり得ません。現実的に4日連続で6を使うなんてことがまずあり得ない。しかもそれを4日間ひたすら同じ台に入れ続けるなど、設定の打ちミスでしょ?と断定してかかる程。8割~9割稼動の店であれば可能ではありますが、それだけの稼動がついていたらハッキリ言って別に高設定を入れる必要性も無い。

この現実を置いておいても、いくら6をひたすら置いていたとしても、まどマギで4日連続万枚は現実的ではないですね。
これに関しては設定の打ちミスでない限りは、間違いなくゴトだと言えます。と言うのも、現在稼動停止中であることが裏付けている。

今回の手口として濃厚なのは・・

データ異常が出た時に原因を特定するため・予めゴトに対して対策をとるため、店舗はゴト情報の情報源を持っている。組合が「こんなゴト事案がありましたよ」などとファックスをくれたり、大体各法人、対策会社のような所と付き合いがある。(これがまた胡散臭い)主に対策部品を買ったり、聞けばどんなゴトが出回っているか教えてくれたりするわけだが、こういったことで対策をするのはすでにどこかでゴト事案の実例があるからわかるのであって既に被害が出ている手口ということ。情報の新鮮さがモノを言うので、ゴト師とつながりがあったり、自身が元ゴト師であったり、裏社会に通じていないと生業にはできないものです。実際ゴトをされた場合、内容にもよるが機械台自体に何か手を入れられた場合は対策会社の人が確認に来て原因を特定して、内部不正なのか・ゴト師によるものなのかを明らかにしていくわけです。

今回の件は、状況を見るに・・

  • これまではこんなデータは発生していない。
  • 4日間のデータが異常
  • グラフの伸び方が異常
  • 稼動停止中

であるため、内部不正が最も可能性が高い。

 

まどマギの場合、写真のサブ制御ロムの中に不正のロムを埋め込めこまれたものに差し替えるゴトがあるので、このようなゴトが濃厚かと。それかグラフの触れ方から何か手順が必要な可能性も考えられる。

昔に比べるとゴトは相当減った

パチンコ業界に携わると、間違いなくゴトに頭を悩ませられる。現ユーザーで4号機時代を知っている人はそんなに多くはないと思いますが、4号機時代から5号機の宣伝広告規制が始まった後位まではいつもゴトに対するアンテナを巡らせホールに出ていました。ある程度はゴト師の手口も決まっているので可能性を常に考慮した警戒は必須でした。

ただ、今では相当少なくなっています。理由は簡単で、新たにゴト手法を編み出すのが厳しいのと、現在置かれる機械自体が大方決まっている点。長く置かれる機械が少ないので、ゴト手法を探って方法を確立しても台が外れてしまうことが多い。長く置かれている機械でもゴトはあるにはありますが、基本的に不正に出玉を出す方法は狙う部分が限られるため、すでにキッチリ対策されています。ゴトの手法を確立するのも簡単ではないよう。一例としては、ゴトの開発者が部品と手口をセットで1000万などでゴト師に売り、ゴト師が荒稼ぎする。このフローが流れていかなくなっているのが実情でしょう。

年末の設定狙いの注意点

これから年末に向けて各ホール動きはあると思いますが、私自身、設定狙いをしていくに当たって今年は少し注意が必要になると考えているので、その部分を記事にしていこうと思います。

例年に比べて新台は少ないが・・

毎年、基本的には年末商戦の為に1~2機種くらいはビッグタイトルと言われるコンテンツの機種、他複数何機種も新台が発売されるものだが、今年スロットがかなり少ない。新台が無いとなると、本来は新台購入に投入されるはずだった予算が浮くと考えられるが、そう簡単な話ではありません。その要因となるのは、

  • 12/1~旧基準機30%自主規制
  • 前倒し認定

新台がないと言えども、メインで動かしている旧基準機の比率を下げ、場合によっては通常の新台価格よりも高い中古台を設置しなければならない。全部が全部そうではないが、機種構成によっては、旧基準を外すためだけでなく、一緒に機種構成を見直すホールも考えられる。10月・11月は30%規制対策の為にスロットを増台するホールが多かったのは良い例です。

2/1~改正規則施行を前に、1月の新台も多くない・スペックに難アリとなったらこのタイミングで機種ラインナップを固めておかなければならない。何故か?
2/1までにラインナップを固めて、前倒し認定を済ませなければならないためです。

※前倒し認定・・2/1の改正規則から、検定の切れた台の設置は違法とされる為、2/1以降発売の大幅スペックダウンの機械が基準となる。現行スペックの5.5号機(ノーマル機や番長3など)、5.9号機(戦コレ3や1月までに出る機械)の検定期間のある台を再認定取得(現規則では検定期間内であれば再認定を受ける事により、検定期間プラス3年設置が認められる)によって延命設置する事。

この再認定費用が意外とバカにならない。一台あたり約5万円。全台受けるホールはさすがに無いとは思うが、それでもおよそ設置の半数位は受ける事になるだろうと考えられます。100台受けるだけでも500万もの費用がかかる。

メイン機種を張っていた旧基準機を半数近く削り、機械を入れ替え、さらに再認定費用。新台が無い分、集客に窮するホールもあるでしょう。1ユーザーとしては、この状況で設定に期待し安易に狙いに行くのは危険だと私は考えています。

本来年末あたりで狙い目となる時期

毎年、大体12月2週目~半ばあたりに還元日をもってくるホールが多い。1週目に新台。その週で利益を取りつつ次週~半ばの還元日で玉を見せ、年末年始の営業に繋げる。これは言わばルーティーンに近い流れ。しかし、今年は私はリスクヘッジを念頭に置いて狙っていこうと考えています。

何故なら、やり方も色々と考えられるからです。まだ旧基準も設置しておけるので、メインとして使っていくホールもあるでしょう。逆に、旧基準機で利益を取って、番長3などの現行機種をメインとするホールもあるでしょう。改正規則後はART機での開発は無理があるので、RT機が主流になるだろうという考えが囁かれているため、ノーマル機をメインとしていくホールもかなり多くなるでしょう。

こう考えると、今まで通りの狙いでは大ハズシを食らう可能性が高くなってくるのはお分かり頂けると思います。設定状況に変化が見られるホールが散見されると思うので、しっかり傾向を見て対策を練っていくことをオススメします。

なんだかんだ・・私は・・

打っちゃうと思いますけど・・www